スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.08.15 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    好きなナッツ系食品、なに?弥勒菩薩ラエルはアーモンドについて注意せよと言う

    0
      好きなナッツ系食品、なに?


      JUGEMテーマ:健康



      ナッツ系の食品は、ピーナッツが好きですね。

      仕事してる合間に、疲れてきたらピーナッツを少しばかり食べてエネルギー補給したりします。

      以前は、アーモンドが好きでしたが、宇宙人エロヒム預言者ラエルの説明によると、アメリカから送られてくるアーモンドには発がん性物質が含まれているらしく、食べないように忠告されていました。

      それ以来、私はアーモンドは好きなのですが食べないようにしています。


      でも、ナッツ類はカロリーが高いので、毎日間食に食べてると体重が増える原因となります。

      適度な量、少しだけ食べるのが良いと思います。



      地球を強力な放射能電子から守るプラズマ・シールド。弥勒菩薩ラエルは人類は科学的特異点に2030年頃に達すると言う

      0

        Plasma Shied Protecting the Earth
        〜 地球を守るプラズマ・シールド 〜



        JUGEMテーマ:宇宙




        This image shows a color-coded geographic representation of ultra-relativistic electron fluxes, based on orbital tracks of the Van Allen Probe B spacecraft projected onto the geographical equatorial plane. As the spacecraft precesses in its elliptical orbit around the Earth, it forms a “spirograph” pattern in the Earth-centered coordinate system. Inside of this radial distance is an almost complete absence of electrons, forming the “slot” region. The superimposed circle shows a sharp, distinctive inner boundary for ultra-relativistic electrons, and how generally symmetric this boundary is around Earth.

        この画像は、地理的赤道面に発射されたヴァン・アレン・プローブ・Bの軌道に基いて、相対論的電子の流れを色分けして表した地理的分布図になります。
        地球の周りを楕円形の軌道上を前進しながら、宇宙船は、地球を中心とする座標システムの中で「スピログラフ」のパターンを描き出します。この放射状の空間の内側に、電子がほとんど全くない「隙間」があります。多層に重ね合わさった円は、超相対論的電子の内側にはっきりと際立った境界線を作り出しており、この境界線をみると、地球の周囲に広範囲に均一な形で形成されていることがわかります。

        引用元URL:http://news.mit.edu/2014/plasma-shield-against-harmful-radiation-1126



        Plasma shield
        プラズマ・シールド



        Researchers find that Earth’s “plasmaspheric hiss” protects against a harmful radiation belt.
        研究家たちは地球の「プラズマ・球状の光速移動」が有害な放射線帯から地球を守っていることを発見した。


        Jennifer Chu | MIT News Office
        November 26, 2014
        2014/11/26

        High above Earth’s atmosphere, electrons whiz past at close to the speed of light. Such ultrarelativistic electrons, which make up the outer band of the Van Allen radiation belt, can streak around the planet in a mere five minutes, bombarding anything in their path. Exposure to such high-energy radiation can wreak havoc on satellite electronics, and pose serious health risks to astronauts.

        地球の大気圏より更に高い層では、電子光の速度に近いスピードで飛び交います。そのような超相対論的電子は、ヴァン・アレン放射線帯の外側に帯のように分布し、地球の周囲をわずか5分足らずで一周し、その電子の行く手に存在するいかなるものも攻撃します。そのような高エネルギー放射にさらされると、人工衛星の電子機器に大惨事が起きたり、宇宙飛行士の健康に深刻な影響が出てきます。


        Now researchers at MIT, the University of Colorado, and elsewhere have found there’s a hard limit to how close ultrarelativistic electrons can get to the Earth. The team found that no matter where these electrons are circling around the planet’s equator, they can get no further than about 11,000 kilometers from the Earth’s surface ― despite their intense energy.

        コロラド州立大学、MIT、そして、その他の場所で研究する研究者たちは、その超相対論的電子が地球に近づける距離には確実に限界があることを発見しました。そのチームは、これらの電子は、たとえ地球の赤道の周囲のどこを移動しようとも、その電子の強烈なエネルギーにもかかわらず、地球の表面から約11,000km以内には侵入出来ないということを発見しました。


        What’s keeping this high-energy radiation at bay seems to be neither the Earth’s magnetic field nor long-range radio waves, but rather a phenomenon termed “plasmaspheric hiss” ― very low-frequency electromagnetic waves in the Earth’s upper atmosphere that, when played through a speaker, resemble static, or white noise.

        この高エネルギー放射線を寄せ付けないようにしているものは、地球の磁場やラジオの長距離電波ではなく、「プラズマ球状のヒス(ノイズ)」と表現される現象、つまり、地球の高層大気で非常に低い周波数で流れる電磁波が原因であり、その電磁波は、スピーカーから流れる静的ノイズ、またはホワイトノイズに似ています。


        Based on their data and calculations, the researchers believe that plasmaspheric hiss essentially deflects incoming electrons, causing them to collide with neutral gas atoms in the Earth’s upper atmosphere, and ultimately disappear. This natural, impenetrable barrier appears to be extremely rigid, keeping high-energy electrons from coming no closer than about 2.8 Earth radii ― or 11,000 kilometers from the Earth’s surface.

        そのデータと計算結果から、研究者たちは、プラズマ球状ヒスノイズは基本的に地球をとりまく11000km圏内に侵入しようとする電子たちを偏向させ、その電子たちを地球の高層大気にある中性ガスの原子たちと衝突させ消滅させていると、理解しています。この自然の貫通不可能なバリアーは極度に固異様に見えます。そして、高エネルギー電子を地球の表面から約2.8地球ラディ、または、11000kmよりも地球側に近い地球を取り巻く空間に侵入しないようにしています。


        “It’s a very unusual, extraordinary, and pronounced phenomenon,” says John Foster, associate director of MIT’s Haystack Observatory. “What this tells us is if you parked a satellite or an orbiting space station with humans just inside this impenetrable barrier, you would expect them to have much longer lifetimes. That’s a good thing to know.”

        「それは非常に独特な、桁外れの、そして、顕著な現象だといえます」と、MITのヘイスタック観測所の副署長のジョン・フォスターは言います。
        ・・・「この現象が私たちに伝えることは、この貫通不可能なバリアーのちょうど内側に人工衛星や人間が搭乗する周回宇宙ステーションを停めていれば、もっと機械や人間の寿命が長くなることが推測できます。それは知っておくべきですね。」


        Foster and his colleagues, including lead author Daniel Baker of the University of Colorado, have published their results this week in the journal Nature.

        コロラド大学の主執筆者のダニエル・ベイカーを含むフォスターと彼の同僚たちは、彼らの研究結果を今週ネイチャー誌に掲載しました。



        Shields up
        シールドアップ



        The team’s results are based on data collected by NASA’s Van Allen Probes ― twin crafts that are orbiting within the harsh environments of the Van Allen radiation belts. Each probe is designed to withstand constant radiation bombardment in order to measure the behavior of high-energy electrons in space.

        そのチームの観測結果は、NASAのヴァン・アレン宇宙探査機により収集されたデータを元にしています。この宇宙双子探査機が、ヴァン・アレン放射線帯の過酷な環境の中を周回しています。それぞれの探査機は、宇宙空間の高エネルギーの電子の振る舞いを計測するために絶え間ない放射能照射に持ちこたえられるように設計されています


        The researchers analyzed the first 20 months of data returned by the probes, and observed an “exceedingly sharp” barrier against ultrarelativistic electrons. This barrier held steady even against a solar wind shock, which drove electrons toward the Earth in a “step-like fashion” in October 2013. Even under such stellar pressure, the barrier kept electrons from penetrating further than 11,000 kilometers above Earth’s surface.

        研究家たちはその2機の探査機から最初の2ヶ月の間に送信されたデータを分析し、超相対論的電子に対する甚だしく強靭なバリアーを観測しました。このバリアーは、2013年に段階的に地球に向けて飛来した大量の太陽風の衝撃に対してもビクともしませんでした。そのような恒星の圧力の元でも、そのバリアーは地球表面から11000km以内に電子が入って来ないように地球を守っています。


        To determine the phenomenon behind the barrier, the researchers considered a few possibilities, including effects from the Earth’s magnetic field and transmissions from ground-based radios.

        バリアーの後ろ側で起きてる現象の原因について、研究家たちは地球の磁場の影響から地上からくる無線通信に至るまで幾つかの可能性について調べてみました。


        For the former, the team focused in particular on the South Atlantic Anomaly ― a feature of the Earth’s magnetic field, just over South America, where the magnetic field strength is about 30 percent weaker than in any other region. If incoming electrons were affected by the Earth’s magnetic field, Foster reasoned, the South Atlantic Anomaly would act like a “hole in the path of their motion,” allowing them to fall deeper into the Earth’s atmosphere. Judging from the Van Allen probes’ data, however, the electrons kept their distance of 11,000 kilometers, even beyond the effects of the South Atlantic Anomaly ― proof that the Earth’s magnetic field had little effect on the barrier.

        前者については、このチームは、地球磁場の力が他の場所よりも30%弱い南大西洋異常域に特に注意を向けました。もし、電子が地球磁場の影響を受けているのならば、南大西洋異常域は「電子の通り道の穴」のように振る舞い、電子がそこを通って地球の大気の層の中に深く進入するのではないかと推測しました。しかし、2機のヴァン・アレン探査機が送信してきたデータからは、南大西洋異常域のうえでさえも電子は地上から11000kmの距離を保っている事がわかり、それは地球の磁場がそのバリヤーに殆ど何も影響を与えてないという事を証明しました。


        Foster also considered the effect of long-range, very-low-frequency (VLF) radio transmissions, which others have proposed may cause significant loss of relatively high-energy electrons. Although VLF transmissions can leak into the upper atmosphere, the researchers found that such radio waves would only affect electrons with moderate energy levels, with little or no effect on ultrarelativistic electrons.

        フォスターは、他の科学者達が比較的高エネルギー電子を大量に消失させる可能性があるものとして提案した長距離の超長波(VLF)の無線通信も考慮しました。VLFは高層大気にも漏れるかもしれませんが、そのような電波は中程度のエネルギーレベルの時に電子に影響を与えるに過ぎず、超相対論的電子に対しては僅かに影響を与えるか、何も影響を与えないかのどちらかであるという結論を研究者達は出しました。


        Instead, the group found that the natural barrier may be due to a balance between the electrons’ slow, earthward motion, and plasmaspheric hiss. This conclusion was based on the Van Allen probes’ measurement of electrons’ pitch angle ― the degree to which an electron’s motion is parallel or perpendicular to the Earth’s magnetic field. The researchers found that plasmaspheric hiss acts slowly to rotate electrons’ paths, causing them to fall, parallel to a magnetic field line, into Earth’s upper atmosphere, where they are likely to collide with neutral atoms and disappear.

        その代わりに、そのチームは、自然なバリヤーはその電子の地球の方向への遅い動きとプラズマ球状のヒスノイズとの間のパランスによるものである事を発見しました。この結論はヴァン・アレン探査機により計測された電子が、地球の磁場に対して並行であるか垂直であるかというピッチ角にもとづいていました。プラズマ球状のヒスノイズはゆっくりと動いて電子の進路を回転させ、地球の大気上層部に地球の磁場の線と並行に進ませて、それらの電子は中性原子と衝突して自然に消滅することを研究者達は発見しました。


        Mary Hudson, a professor of physics at Dartmouth College, says the data from the Van Allen probes “are providing remarkably detailed measurements” of the Earth’s radiation belts and their boundaries.

        ダートマウス・カレッジの物理学教授であるメアリー・ハドソンは、その探査機からのデータは地球の放射線帯とその境界線の非常に詳細な測定値を提供していると言います。


        “These new observations confirm, over the two years since launch of the Van Allen probes, the persistence of this inner boundary, which places additional constraints on theories of particle acceleration and loss in magnetized astrophysical systems,” says Hudson, who did not participate in the research.

        「この新しい観測は、ヴァン・アレン探査機を発射してから二年に渡る間、この内側の境界線の粘り強さは、磁化天体物理学システムの中で粒子加速と粒子損失の理論に更に制約を加える事を確認した。」と、この研究に参加していないハドソンは言います。



        Seen through “new eyes”
        「新しい目」で見えるもの



        Foster says this is the first time researchers have been able to characterize the Earth’s radiation belt, and the forces that keep it in check, in such detail. In the past, NASA and the U.S. military have launched particle detectors on satellites to measure the effects of the radiation belt: NASA was interested in designing better protection against such damaging radiation; the military, Foster says, had other motivations.

        フォスターは、科学者達が地球の放射線帯とそれを食い止める力をこれほど詳細に説明することが出来たことは今までにないといいます。

        過去には、NASAと合衆国の軍隊が放射線帯の効果を測定するために人工衛星に粒子検知器を搭載して発射しました。NASAは、そのような有害な放射線からのより良い防御策に関心がありました。フォスターが言うには、その他の動機が軍にはありました。


        “In the 1960s, the military created artificial radiation belts around the Earth by the detonation of nuclear warheads in space,” Foster says. “They monitored the radiation belt changes, which were enormous. And it was realized that, in any kind of nuclear war situation, this could be one thing that could be done to neutralize anyone’s spy satellites.”

        「1960年代に、軍は宇宙空間で核弾頭の爆発を引き起こして、地球の周りに人工的な放射線帯を作りだした。」と、フォスターは言います。「彼らは巨大な放射線帯の変化を観測しました。そして、如何なる類の核戦争でも、この手段が、誰のスパイ人工衛星も無力化するために利用され得る一つの有効な方法であることが認識されました。」


        The data collected from such efforts was not nearly as precise as what is measured today by the Van Allen probes, mainly because previous satellites were not designed to fly in such harsh conditions. In contrast, the resilient Van Allen Probes have gathered the most detailed data yet on the behavior and limits of the Earth’s radiation belt.

        以前は、主にそのような過酷な状況の中での飛行に耐えうるように人工衛星は設計されていなかったので、そのような試みから得られたデータは、ヴァン・アレン探査機が今日測定したものほど詳細なものでは全くありませんでした。その一方で、回復力があるヴァン・アレン探査機は、そのような過酷な状況下でも、地球の放射線帯の振る舞いと限界に関する最も詳細なデータを集めてきたのです。


        “It’s like looking at the phenomenon with new eyes, with a new set of instrumentation, which give us the detail to say, ‘Yes, there is this hard, fast boundary,’” Foster says.

        「それは新しい目で、新しい観測機器のセットを使用して、その現象を見ているかのようです。そして、このことから、私たちは、『この強靭で全く微動だにしない境界線が存在している』」事がわかったのです。


        This research was funded in part by NASA.

        この研究は一部NASAにより出資されました。




        | 1/52PAGES | >>

        PR

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>

        【私のプログ】

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • パレスチナがスウェーデンにより国家承認された。弥勒菩薩ラエルは楽園主義を提唱
          名無し (10/21)

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM