スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.08.15 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ナイジェリアの反同性愛法、同性愛者への犯罪をやめさせよう!弥勒菩薩ラエルは全ての性的志向が遺伝子によるものだと言う

    0
      JUGEMテーマ:同性愛/ゲイ/バイ



      世界各国で【同性婚】が合法化されている理由とは? LGBTの文化的役割に注目しよう
      2013.04.22 13:30
      記者 : ガジェ通ウェブライター


      ■世界で同姓結婚を認める動きが2013年から始まっている・・・

      • 4月10日は南米ウルグアイで「結婚平等法案」が可決
      • 4月12日にはフランスの上院で同性カップルで結婚と養子を持つ権利を与える法案が可決
      • 4月17日にはニュージーランドで同性間結婚を認める法改正案が可決


      台湾では、法案が合法的に認められたわけではないが、女性カップル80組が盛大な合同同性結婚式を開いて話題となった
      アジアで同性婚ラッシュ “社会悪”から激変…初の合法化国に注目
      2012.8.15 15:34


      この流れにのって、アフリカでの同性愛者達に対する政府の差別と弾圧、暴力をやめさせ、同性愛者が平等と自由をもって幸せに生きられるようにするべきである。

      ナイジェリア政府の反同性愛法に反対する嘆願書はこちら・・・
      ナイジェリアの反同性愛法案に反対する嘆願書!弥勒菩薩ラエルは性的志向は遺伝子によるものだと言う



      ■最も寛容な例

      ヨハンナ


      アイスランドの首相であるヨハンナ・シグルザルドッティル首相


      私生活ではレズビアンであることを公言
      2009年2月に首相として就任。
      2010年には女性脚本家と結婚。同性愛者を公言、同性結婚をした世界初の国家首脳となった。

      アイスランドでは登録パートナーシップ法が採用されている。

      ウィキより・・・
      ヨハンナ・シグルザルドッティル(アイスランド語:Jóhanna Sigurðardóttir(発音: [jouːhanːa ˈsɪːɣʏrðartouʰtɪr])、英語:Johanna Sigurdardottir )は、アイスランドの政治家。社会民主同盟副党首、社会問題相(2回)を歴任。2009年より2013年までアイスランドの首相を務めていた。

      アイスランドには同性のカップルがパートナーを法的に登録でき、結婚と同じ権利が保障される法令があり、ヨハンナは2002年に長年のパートナーであった同性の脚本家ヨニナ・レオスドッティルとの届けを提出した[4]。2010年6月27日に同氏と結婚し、同性結婚をした世界初の国家首脳となった[5]。イギリスのマスコミは、世界で初めて同性愛を公表した首相だと報じている[6][7]。アイスランド国会は同年7月より同性結婚を合法化する法案を可決しており、27日はその法律が施行された日であり、同性愛者の権利を訴えるキャンペーンが世界的に行われる日でもある。



      【記事】アイスランド首相、同性愛パートナーと正式に入籍


      ■同性婚が反対される理由

      世界的に同性婚が認められない場合、宗教の教義に背くという理由が根ざしている
      • 法案が通過した各国でも、ウルグアイの教会では、結婚や家族制度が大きな打撃を受けるという反対を受けていた。
      • フランスでもカトリック教会などの宗教団体や保守層が反対している。
      • ヨーロッパでは「パートナーシップ案」として、結婚の形式とは別にカップルに社会保障を付与する国も多い。



      ■同性婚を嫌う極端な例

         アフリカ


      african map



      アフリカ大陸におけるいくつかの国が挙げられる。例えばナイジェリアのイスラム教徒が多い各州では同性愛そのものが死刑の対象となる。そこではホモフォビア(同性愛への憎悪)を理由にゲイへの迫害、公然たる犯罪が行われている。

      ナイジェリアの反同性愛法について
      この法律は、2011/11/29にナイジェリアの上院により可決された。

      ナイジェリアで同性愛禁止法案が上院通過、違反者は禁錮14年 
      ナイジェリアの上院は2011年11月29日、同性愛を禁じる法案を可決しました。

      同性婚に禁錮14年…ナイジェリアで新法成立、世界から怒りの声
      2014年01月14日 16:24
       発信地:アブジャ/ナイジェリア

      【1月14日 AFP】ナイジェリアで、同性同士で結婚をした者に禁錮刑を科すことを定めた法律が、グッドラック・ジョナサン(Goodluck Jonathan)大統領によって成立させられたことが13日に分かり、同国に対して世界各地から怒りの声が沸き起こっている。

      ナイジェリアの反同性愛法。弥勒菩薩ラエルは性的少数派の人達を支援



      ウガンダ大統領、反同性愛法案に署名へ
      URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140218-00000026-jij_afp-int
      AFP=時事 2月18日(火)14時7分配信

      【AFP=時事】ウガンダ政府の報道官は17日、ヨウェリ・カグタ・ムセベニ(Yoweri Kaguta Museveni)大統領が、同性愛者に終身刑を科すことを可能にする法案に署名する意向を固めたと発表した。

      【関連記事】先月には署名を拒否していた

       同法案をめぐっては国際的な非難が高まっており、米国のバラク・オバマ(Barack Obama)大統領はムセベニ大統領に対し、同法案が成立すれば両国関係悪化の原因となる「後退」になるとして、署名を拒否するよう強く求めていた。

       だが報道官は、大統領の要請を受けて国内の科学者らが行った同性愛に関する「科学的な」分析の結果、「同性愛の原因となる決定的な遺伝子は存在しない」ことが分かったとして、「同性愛は病気ではなく、経験を通じて習得される可能性のある異常行動にすぎない」との結論を得たという。

       報道官は「科学者チームは、同性愛は習得される行動で、一部の人々が金のために行っているということを示した。それこそが、大統領が防ごうとしているものだ」、「この法案は議会とウガンダ社会の双方に高く支持されている。大統領には、法案署名を求める国内からの強い圧力がかけられている」と述べ、ムセベニ大統領が法案に署名する意向であることを明言した

       同法案は、同性愛者に死刑を科す条項が削除された後、昨年12月に議会を通過していた。ただ修正後も、同性愛行為を繰り返した者に対し終身刑を科し、同性愛の助長を禁じ、人々に同性愛者を告発する義務を課す内容になっている。

       ウガンダでは米国式の福音主義キリスト教の信者が増加傾向にあり、同性愛嫌悪の風潮が広がっている。【翻訳編集】 AFPBB News









      ロシア、同性愛カップルによる子どもの養子縁組を禁止。弥勒菩薩ラエルは性的志向は遺伝子によるものと言う

      0
        JUGEMテーマ:同性愛/ゲイ/バイ


        ◆管理人:
        人類の創造者・宇宙人エロヒムの最後の預言者・弥勒菩薩ラエルは、異性愛も同性愛も両性愛も全て遺伝子により決められたもので、生まれつきのものであると述べていて、それにより、人を差別するのは間違っていると言われています。人は皆、自分の性的志向に正直に生きるべきなのです。




        http://www.cnn.co.jp/world/35043948.html
        2014.02.16 Sun
        posted at 16:38 JST


        (CNN) ロシアのメドベージェフ首相は16日までに、同性婚が認められている外国の同性愛カップルや独身者がロシアの子どもを養子にすることを禁じる法案に署名した。

        政府系のテレビ局「ロシア・トゥデー」によると、署名は10日で、政府の公式サイトで13日に発表された。発効は12日からとなっている。

        同性婚を合法化しているの現在、10数カ国。独身者も禁止の対象に含まれたのは将来同性愛者となり、同性婚に踏み切る可能性を念頭に置いたものとみられる。

        ロシアは2012年末に米国人がロシア人児童を養子にすることを禁止する法案を可決している。米国が同年、ロシアでの人権侵害の関与者に制裁措置を科す法案を成立させたことへの報復措置と受け止められていた。

        ロシアは昨年6月には、子どもらを対象にした同性愛宣伝禁止法も可決。差別主義などと欧米諸国の批判を浴び、一部の政府首脳はロシア南部ソチで開催中の冬季五輪の開会式欠席の対抗措置も取っていた。





        | 1/1PAGES |

        PR

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>

        【私のプログ】

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • パレスチナがスウェーデンにより国家承認された。弥勒菩薩ラエルは楽園主義を提唱
          名無し (10/21)

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM