スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.08.15 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    STAP細胞の発見は揺るがない。弥勒菩薩ラエルは人類は宇宙人エロヒムが科学的に創造したと言う

    0
      JUGEMテーマ:科学



      ◆管理人の考え:

      STAP細胞が胎児の形になったとニュースでかいてあった。恐らく、この細胞を使えば、クローンも造れるのではないかと思う。

      しかし、人間のクローンを創る場合には、一番人の正確な遺伝子情報が含まれている額の真ん中の骨に含まれる細胞から作らなくては行けないのではないだろうか?

      その理由はこちらにかいてあるので是非読まれてください。




      STAP細胞の論文に「疑念」、理研が調査開始
      2014年02月19日
      13:50 発信地:東京

       国内メディアによると、問題となっているのは、研究チームが論文に誤った画像を掲載したとされる疑惑。理化学研究所の広報担当者は18日、論文に携わった研究者らに対する専門家らによる聞き取り調査がすでに始まっていると述べた。

       ただ、現時点で研究所は論文の成果を支持しており、「研究成果そのものについては揺るがない」と考えているという。

      幹細胞は全ての細胞に分化できる細胞で、脳や心臓、肝臓などの器官を形作るさまざまな種類の細胞になることが可能だ。小保方氏らの論文によると、生まれたてのマウスの白血球を酸性の溶液で25分間培養し、5分間遠心分離機にかけ、細胞が増殖可能な培養液の中で7日間培養した結果、細胞が未分化細胞に逆戻りした。研究チームはこの細胞を刺激惹起性多能性獲得(STAP)細胞と名付けた。(c)AFP






      スポンサーサイト

      0
        • 2016.08.15 Monday
        • -
        • 09:58
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>

        【私のプログ】

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • パレスチナがスウェーデンにより国家承認された。弥勒菩薩ラエルは楽園主義を提唱
          名無し (10/21)

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM