スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.08.15 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ビットコイン革命が楽園主義の引き金となる!弥勒菩薩ラエルは楽園主義を提唱

    0



      Bitcoin revolution wins over world
      ビットコイン革命が世界中で勝利する

      URL: http://rt.com/op-edge/170492-bitcoin-revolution-wins-world/




      Things may be more incremental in terms of acceptance, but the bitcoin revolution continues apace.
      け入れるという点においては物事はもっと徐々に起こるかもしれないが、ビットコイン革命は急速に継続していく。

      Bad regulation involves hacking babies in two before considering the consequences. Good regulation appreciates that the world changes.
      い規則は、その影響を考慮する前に大事なものを半分に叩き切る事を支持するが、良い規則は世界が変革することを感謝する。

      The last year/century was appreciably different to the current one, let alone the future age of whose technological marvels we are barely worthy to evaluate, as nanotechnology reshapes our world. Wise regulators act accordingly.
      年そして前世紀は現在とは顕著に違っている。そして、ナノテクノロジーが私達の世界を再形成するとき、私達がかろうじて評価する価値がある技術的脅威を感じさせる未来の時代は言うまでもなく更に現在とは違っているであろう。そして賢い規制者たちはそれに応じて行動する。

      In the world of bitcoin, the first reaction of the government sector was largely one of fear and confusion. Then again it was ever thus with innovation. Early underground trains were mandated with frosted windows lest ladies fainted at the sight of tunnel walls speeding by. On both sides of the Atlantic, governments demanded somebody must wander with a red flag ahead of any self-propelled automobile.
      ットコインの世界においては、政府部門の最初の反応は大部分において、恐怖と混乱の反応であった。しかしまた、ずっと以前から革新に対してずっとそのような態度であった。たとえば、初期の地下鉄では、トンネル通過時にトンネルの壁が速い速度で過ぎていく光景に女性たちが失神しないようにするために、電車にはすりガラスの窓が強制的につけられていた。大西洋沿岸の両端では、自己推進型自動車の前に赤い旗を持つ人達が立つことを政府は要求した。

      The arrival of a popular electronic currency in the form of bitcoin was a huge step. With a paucity of private sector folks pondering electronic money a decade or more ago, the government nexus had not considered just what would happen when the kindling of alt money finally caught light. Thanks to the block chain, bitcoin has not merely lit the fuse, it has blazed a trail, creating a whole new currency infrastructure which is already being used for all manner of exciting processes.
      ットコインという形で人気のある電子通貨の到来は大きな一歩であった。10年かそれ以上前に、民間セクターで電子通貨について熟考する人々が不足していた時、政府中枢は、その代替通貨を稼働させる事が最終的に脚光を浴びた時に何が起きるかを考慮していなかった。ブロック鎖のお陰で、ビットコインは単に導火線に火をつけたのみならず、ありとあらゆる種類の刺激的な処理過程で既に使われている新通貨の全体的なインフラを作る先駆者となった。

      Bitpesa, to name but one, threatens to transform payments to the emerging world – creating a vast saving for those who have until recently been slaves to the somewhat Dickensian western systems. Every dollar saved on transfers means more money reaching the relatives of migrant laborers in the emerging world, delivering a palpable boost to living standards where every cent counts.
      つだけ例を挙げるとするとすればピットペサだが、このビットペサは成長世界に対して支払いを変換させるおそれがあり、最近まで少しディケンズ的な西洋システムの奴隷であり続けていた人々が巨額の貯蓄を作り出す事ができるようになる。送金のために節約された全てのドル紙幣は、成長世界の移住労働者達の親戚達に更に多くのお金が送られる事を意味し、すべてのセントが大切である場所での人々の生活水準を更に押し上げる効果をもたらすのは明らかである。

      Governments and central banks in Japan and Russia have been amongst those reappraising the crypto currency revolution in recent days. Their incremental opening up to alt money is a healthy sign that the future of money involves the fiat financing of government co-existing alongside their crypto currency cousins. Indeed a recent auction of bitcoin from the bankrupt exchange Mt Gox was bought entirely by a Silicon Valley VC Tim Draper, who intends to use the crypto currency to provide an alternative to smaller emerging market currencies.
      本とロシアの政府と中央銀行は、昨今の暗号化通貨革命を再評価する他の政府や中央銀行達の狭間にいた。彼らの斬新的な電子通貨への幕開けは、未来の通貨においては、政府の不換融資が彼らの暗号化された通貨の従兄弟たちと並行して共存するという健康的な兆しなのである。株式会社マウントゴックス(Mt.Gox)の破産取引での最近のビットコインのオークションが、シリコンバレーのベンチャー・キャピタルのティモシー・ドラッパーにより全て買い取られたのは確かな事だ。このドラッパーは、その電子通貨を利用して、振興成長市場の通貨に代替的手段を提供しようと試みている。

      Yes, there are still agents of reaction everywhere, with the mainstream Western media endlessly obsessed by silly scare stories of drugs and crime at the epicenter of bitcoin trade, when of course the entire value of all bitcoins ever mined is equivalent to a bare few days of the dollar-funded drugs trade.
      うです、まだ至る所に、主要な西洋のメディアが終わりなく、ビットコイン取引のど真ん中でのドラッグや犯罪のくだらない恐怖の話に取り憑かれるような化学的反応物質がある。その時のそれまで採掘された全てのビットコインの総額はドルで供給されたドラッグ取引のわずか数日分に相当する。

      Nobody ever seriously suggests closing the Fed and switching off the US dollar (well apart from one Paul family in the USA). Naturally as the likes of the Russian Central Bank points out, money laundering is something we all must remain vigilant about. Nevertheless, as the Japanese government has also made clear, the future of money involves digital stores of value and transaction agents. Moreover, while the US may have sent out mixed messages about digital money, the fact that citizens can now donate bitcoin to political campaigns tells us all we need to know about how the political classes value crypto currency.
      も今まで連邦準備銀行を閉鎖して、米ドルのスイッチを切る事を提案した人はいない。必然的に、ロシア中央銀行のような組織が指摘する通り、不正資金洗浄は私達皆が注意しておかなくてはいけないことである。それでもなお、日本政府もまた明確にしたとおり、貨幣の未来は価格のデジタル記憶装置と取引代理店が関わってくる。更に、米国がデジタル通貨について混乱したメッセージを送ったかもしれない時に、その一方で、今では市民が政治的キャンペーンにビットコインを寄付することが出来るという事実が、政治的階級が暗号化通貨をどう評価しているかについて、私達が知る必要がある唯一の事実を教えてくれる。

      Nobody accepts gummy bears as electoral currency, but in bitcoin Washington trusts for its own self-sustenance at the ballot box.
      もグミー・ベアー(クマの形をしたグミ)を電子通貨としては受け入れないが、ビットコインにおいて、ワシントンは投票箱でのビットコイン自身の独立採算に対して信頼をおいている。

      The bitcoin revolution is now approaching a fascinating post nerd point in its development. Competing currencies are at different stages of development but all have similar issues going forward. The nerd era needs to give way to the broader acceptance by the public and that means better interfaces and more popular means to access, store and use cryptocurrency.
      ットコイン革命は今その発展においてオタクを超えた興味をそそる地点に到達しようとしている。競争する通貨は違う発展段階にあるが、全ての通貨は似たような問題を今抱えている。オタクにしか受け入れられなかった時代から一般市民により広く受け入れられる時代へと移行していき、それは、電子暗号化通貨にアクセスし、その通貨を保存し、利用するためのより良いインターフェースと、更に人々に利用されやすい手段に移行する事を意味する。

      The Fascinating AuroraCoin has stalled as the purchasing infrastructure is not yet properly advanced. Likewise with bitcoin, while small entrepreneurs like myself are in the vanguard of accepting its usage, new payment providers have borrowed too much from the old era of infrastructure when micropayments – wafer-thin charges and instant access to the proceeds – are the way forward for all intermediaries. However these are mere ‘teething troubles’ as the revolution continues and bitcoin becomes an established instrument of global commerce.
      ァッシネーティング・オーロラコインは、購買基盤が未だに適切に進歩していないので、失速してしまった。ビットコインでも同様に、私自身のような小さい起業家達はその利用を受け入れる先駆者となっているが、その一方で、新しいオンライン支払いサービス・プロバイダー達は、電子取引少額決済(僅差の請求と収益に直ぐに結びつくのか特徴)が全ての仲介業者に対して前向きである古い時代のインフラから多額のお金を借りてしまっている。しかしながら、これらは、革命が続き、ビットコインが地球的規模の商取引の定着した手段として利用される前の単なる「産みの苦しみ」である。

      The competition for our wallets is developing incrementally as the revolution is building pace. Competition is good for every citizen and consumer. Governments are no longer at the center of the money chain via their Central Banker cousins and that means better government, as opposed to willful devaluation of citizens’ savings as practiced by the political classes of all hues for decades. In that sense, the Copernican revolution in cash is gaining pace as never before.
      命が模範を示すにつれ、私達の財布に対する競争は次第に激しくなっていく。競争は全ての市民と消費者にとって良いことである。政府はもはや彼らの中央銀行系列を通ったねずみ講の中心にはおらず、それはあらゆる政治的階級により行われた市民の貯蓄の意図的な価値引き下げとは対照的に、より良い政府を意味する。その意味で、現金におけるコペルニクスの革命は今までなかったほどに加速してきている。

      ★記事の紹介の終わり

      -------------------------------------------


      の記事を翻訳していて面白い案が出てきた。

      ットコインはコンピュータで採掘するため、それに必要な複雑な演算処理を行うコンピュータ機器をビットコインを利用する人達は準備しなくてはいけない。これにはお金がもちろんかかるわけだが・・・。




      の仕組自体をすべてアメリカのシオニスト系銀行家達が全く関与出来ないインターネット上のクラウドに載せ、地球上のすべての人達のビットコインを採掘し、全ての人達にビットコインを与えるようにし、それにすべての人達が公共のクラウドシステムからアクセスできるようなインフラを作り上げれば、基本的に、私達は今の貨幣から完全に解放されると思う。

      えば、そのビットコインにスマートフォンから簡単にアクセスし、ものを購入するときに自分用に採掘されたクラウド上のビットコインで支払いをするようにするのだ。すると、貨幣が全く必要なくなるではないか。もしくは、徐々に貨幣がなくなる方向に進むであろう。

      ると、課題となるのは労働なのだ。働かなくても自分専用のビットコインがクラウドで自動的に採掘されるようになれば、働く必要はなくなる。しかし、全ての人達が働く必要がなくなれば、労働の産物である製品の生産が停止するのであるから、市場からものが消える。それを防ぐには、やはり、労働を最先端の科学により自動化していかなくてはいけない。

      食住に必要なものが自動化されたシステムによりロボット・ナノロボット・コンピュータの助けを借りて生産され、人々の手元に自動的に配送されるようになれば、そして、全てがリサイクルされるか、遺伝子レベルですべて合成されるようにすれば、ビットコインも必要無くなり、これはすなわち、楽園主義の社会システムの到来なのである。

      働がなく、貨幣がない、銀行がない、戦争がない、皆が豊かに暮らせる楽園のような社会システムが、私達のもう直ぐ目の前にまで来ている事を意識するのだ。

      戦争をして他人の財産を奪い取るようなアメリカの酷い行いが如何に愚かな事か・・・

      この楽園主義の社会システムを人類の社会に導入するためには、記事の中にも出てきているように、
      • アメリカの連邦準備銀行を閉鎖すること。
      • アメリカのドルを廃止すること。
      • 世界中の中央銀行を閉鎖すること。
      • シオニスト系銀行家達の言いなりである国際連合を廃止し、世界中の国々が平等に意見を交換し合える新しい国際政府連合を建設すること。
      • 世界中のインターネットのインフラをアメリカの中央管理型から新しい仕組みに変え1人の人が勝手に監視したり、情報を盗んだり、改ざんしたり出来ないような仕組みにすること。
      • ビットコインの仕組みをクラウド型に変え、世界中の人口用の個人個人のビットコインの採掘実施ブログラムを製造し、個人が自由にスマフォなどでこのビットコインを商品・サービスの購入に利用できるようなシステムとインフラを準備すること。
      • 世界各国間の為替レートシステムを廃止すること。
      • 衣食住の自動化生産システムを建設すること。これには、ロボット、ナノロボット、コンピュータを駆使する。
      • ビットコインの普及の後に、遅れて自動化生産システムが稼働される形にする。

      などを、とりあえず、実行するのはどうだろうか?


      早く楽園主義を実現したいですね!


      -------------------------------------------







      Earth Paradism








      スポンサーサイト

      0
        • 2016.08.15 Monday
        • -
        • 23:57
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>

        【私のプログ】

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • パレスチナがスウェーデンにより国家承認された。弥勒菩薩ラエルは楽園主義を提唱
          名無し (10/21)

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM