スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.08.15 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    イスラエル兵士はガザ市民に故意に発砲。弥勒菩薩ラエルは全ての戦争廃止を主張

    0
      JUGEMテーマ:世界平和



      Israeli soldiers ‘deliberately fired’ at civilians during Gaza war – NGO
      イスラエルの兵士たちは、ガザの戦争の間「意図的に」市民に対して発泡した


      投稿日時:2015/05/04

      ■記事と翻訳の開始
      Israeli soldiers were ordered to ‘fire at every person you see’ during the Gaza war, while civilian areas were deliberately targeted with inaccurate weapons, a report by the Israeli group Breaking the Silence NGO asserts.
      イスラエルの兵士たちはガザ戦争の間「遭遇する全ての人達に発砲しろ」と命令され、その一方で、市民の住む場所は不正確な兵器を使って意図的に標的にされていた、とイスラエルのグループの「Breaking the Silence NGO」(プレイキング・ザ・サイレンス、NGO)が断言する。

      Breaking the Silence, an NGO run by former Israeli soldiers, spent eight months after Operation Protective Edge ended interviewing more than 60 Israeli servicemen from the army, navy and air force up to the rank of major. The result is 237-page report.
      元イスラエルの兵士たちにより運営されているNGO団体のプレイキング・ザ・サイレンスは、防衛境界線作戦(オペレーション・プロテクティブ・エッジ)が終了したあと、八ヶ月の間、軍や陸軍、そして、空軍の下のランクから少佐のランクまでの60人以上の軍人にインタビューをした。その結果が237ページに渡る報告書にまとめてある。

      The report tells a different story to the official Israeli narrative that great care was taken to avoid civilian casualities. Critics of Israeli tactics during the Gaza war say the army and the IDF responded disproportionately to Hamas’ rocket attacks.
      その報告書に書かれているストーリーは、イスラエル政府の公式説明である「市民の犠牲者を避けるために最大の配慮をした」という説明とは大きく違っている。批評家達は、ガザ戦争の間のイスラエル戦術に関して、イスラエル政府の軍とイスラエル防衛軍はハマスのロケット攻撃に偏った反応の仕方をしていると指摘する。

      Israel Strikes Back at Hamas Rocket Attacks, Warns All-Out War Possible
      イスラエルがハマスのロケット攻撃に反撃、全面戦争の危険性有り



      The testimonies gathered by Breaking the Silence include the acts of individual soldiers who shot civilians dead and of lethal decisions being made at the top of the Israeli military, where other courses of action could have been taken.
      プレイキング・ザ・サイレンスにより集められた証言の中には、市民を狙撃し死亡させた個々の兵士たちの行動、そして、その他の一連の行動の選択的余地があったにもかかわらず、破滅的な決定を選択するという行動に関するものが含まれている。

      “The guiding military principle of ‘minimum risk to our forces, even at the cost of harming innocent civilians,’ alongside efforts to deter and intimidate the Palestinians, led to massive and unprecedented harm to the population and the civilian infrastructure in the Gaza Strip. Policymakers could have predicted these results prior to the operation and were surely aware of them throughout,” the report reads.
      「パレスチナの市民達を阻止し怖がらせる努力と同時に無実の市民たちに危害を加えても自軍への危険性を最低限にするための軍事的指導方針は、ガザ地区の全住人に大規模な前例のない危害を与え、その地域の生活基盤となるインフラ設備に壊滅的なダメージを与える結果となってしまった。政策立案者達はその作戦の前にこれらの結果を予測出来たであろうし、その戦闘開始から終了までずっとそれらの結果を承知していた」と、その報告書には書かれてある。

      The report found that soldiers were briefed that any person in the combat zone should be considered an enemy.
      この報告書によると、戦闘ゾーンの中で遭遇する人は誰でも敵だと思えと兵士たちは事前に指示されていた。

      The soldiers were told by their commanders to fire at every person they identified in a combat zone, since the working assumption was that “every person in the field was an enemy,” Breaking the Silence claims.
      作業仮説は、「戦闘エリアにいる人達は皆敵とする」ので、兵士たちが戦闘ゾーンの中で確認した人は皆発砲しろと、彼らの指揮官により命令されていた。

      One soldier said the only rules of engagement they were given was not to fire at IDF forces.
      ある兵士は、彼らが与えられた唯一の交戦規則はイスラエル防衛軍には発砲してはいけないということだった。

      “From the very start they told us, ‘Shoot to kill.’ As far as the IDF was concerned, there wasn’t supposed to be any civilian population there,” he said.
      「はじめから、彼らは「狙撃して殺せ」と我々に言いました。イスラエル防衛軍に関して言えば、そこには市民はいないはずなので」と、彼は言った。

      Another soldier said they assumed that once leaflets had been dropped on Gaza warning of the imminent attack, the only people left would be militants.
      ガザに迫り来る攻撃を警告するチラシがばらまかれたら、そこに残っている人達は唯一軍人だけだと彼らは思った、ともう一人の兵士が言った。

      “If it looks like a man, shoot. It was simple: You’re in a motherf***ing combat zone. A few hours before you went in the whole area was bombed, if there’s anyone there who doesn’t clearly look innocent, you apparently need to shoot that person,” the soldier said.
      「もし、人のように見えたら、狙撃しろ。それは単純だった。お前たちはクソいまいましい戦闘ゾーンにいるんだぞ。お前たちが行く数時間前に、その全エリアが爆撃されたんだ。そこに無実かどうか見ても明確にわからない人がいたら、お前たちは明らかにその人を撃つ必要がある。」とその兵士は言った。

      The Gaza Strip is one of the most densely populated areas on earth. It measures just 40 kilometers by 10 kilometers yet has a population of 1.8 million. During the Gaza war, which began July 8, 2014 and lasted for 7 weeks, the crossings from Gaza into Israel and Egypt were closed.
      ガザ地区は地球上で最も人口が密集した地域の一つだ。その地域は「40Km x 10Km」の広さになるが、にも関わらず、180万人の人口を持つ。ガザ戦争は2014年7月8日に始まり、7週間行われ、ガザ地区からイスラエル、エジプトへの行き来は閉鎖された。

      Another claim by the Israelis that buildings targeted by its bombers received a warning shot before being destroyed was also challenged by the report. Known as a “knock on the door”, this was a small missile that caused only marginal damage allowing civilians to leave before the building was flattened. The Israelis said this policy was proof that civilian causalities were kept to a minimum, but in practice this was not always so.
      イスラエルの爆撃の標的とされた建物は破壊される前に威嚇射撃を受けたとするイスラエル人による主張に対して、この報告書は異議を申し立てている。この威嚇射撃は「ドアのノック」として知られているが、これは小さいミサイルによるもので、ほんの僅かなダメージしか与えない。それから建物が破壊されるまでの間に、市民が避難出来るようにしているというものだ。この政策が、市民の犠牲者が最小限に食い止められている証拠だと、イスラエル人は言ったが、現実には、いつもこれが真実とは限らない。

      “I do remember there was this one house of five or six stories in Khirbet Khuza’a. I remember there was ‘hot’ intel [sic] data on a meeting between militants there,” said one of the soldiers quoted in the report. The head of the cell was there for sure, and a decision was made to ’knock on the building’s roof,’ … and then immediately after that drop a bomb on it,” said one soldier.
      『カーベット・クザーに五階か六階建ての家が一件あったのを私は覚えている。その場所で過激派達の間の会議に関する「最新の」intel [
      sic]データがあったのを記憶している。』と、兵士たちの一人が言ったのをその報告書の中で引用してある。その下部組織のリーダがその場所に確かにいて、「その建物の屋根をノックする」決断がなされ、それから、直ぐにその場所を爆撃する決定がなされたと、一人の兵士が言った。

      When asked what he meant by “immediately” he replied, “Not enough time for everyone to leave. Somewhere between 30 seconds and one minute.”
      彼が「直ぐに」で何を意味したのかと聞かれた時、彼はこう答えた ─ 「そこにいた人達皆が避難するのに十分な余裕がなかった。30秒から1分の間だ。」

      Breaking the Silence also condemned the IDF for using inaccurate weapons such as shells or mortars that are almost impossible to aim properly and therefore collateral damage is inevitable.
      プレイキング・ザ・サイレンスは、破裂弾や迫撃砲(砲長が口径に比べて短く、仰角が大きい砲)など、標的を定めるのが殆ど不可能であり、それ故に巻き添え被害が避けられない不正確な兵器を使った事でもイスラエル防衛軍を非難している。

      “In practice, during the preliminary shelling, the army pounded populated areas throughout the Strip with artillery shells in order to scare off enemy combatants who were in the area, and at times also to urge the civilian population to flee,” the report says.
      「実際問題には、予備爆撃の間、軍隊はその地区の人口集中地域を大砲の砲弾で攻撃し、そのエリアにいる敵の戦闘員を威嚇し追い払う、また、時には一般市民達を強制的に逃げさせる」とその報告書には書かれてある。

      Some 2,220 Palestinians were killed, most of whom were civilians, during last year’s conflict in Gaza. On the Israeli side, 66 military personnel were killed and seven Israeli civilians lost their lives from rockets fired by Hamas and other militant groups inside the Strip.
      ガザ地区での去年の戦闘の間、約2220人のパレスチナ人が殺害され、その殆どは市民であった。イスラエル側では、66人の軍人が殺害され、ハマスとその地区内にいたその他の軍事グループにより発射されたロケットにより7人のイスラエル市民が命をなくした。

      Breaking the Silence believes its findings warrant an independent investigation into the war.
      プレイキング・ザ・サイレンスは、この調査により判明した事が、この戦争に関する独立した調査の正当な理由になると信じている。

      For its part the Israeli Defense Forces have released a statement saying it “is committed to properly investigating all credible claims” but that “Breaking the Silence has refused to provide the IDF with any proof of their claims.” Several internal investigations into the war have been launched by the IDF.
      イスラエル防衛軍としては、「最大限の努力をして、信ぴょう性のある主張の全てを適切に調査する」が、「ブレイキング・ザ・サイレンスはその主張の如何なる証拠をもイスラエル防衛軍に提供する事を拒否している」と言う声明を発表した。その戦争についていくつかの内部調査がイスラエル防衛軍により開始された。

      以下、省略

      ■記事と翻訳の終了











      スポンサーサイト

      0
        • 2016.08.15 Monday
        • -
        • 18:06
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << January 2019 >>

        【私のプログ】

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • パレスチナがスウェーデンにより国家承認された。弥勒菩薩ラエルは楽園主義を提唱
          名無し (10/21)

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM