スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.08.15 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    嫉妬で悩んでいる貴方にアドバイス。弥勒菩薩ラエルは嫉妬は愛ではないと言う

    0




      依然、ある親しみの持てる人がある女性が好きなのだけど、嫉妬で悩んでると話してた。

      それに対して、ある別の人が、その対処法は、とにかく次から次に街で女性に話しかけてみることだと言うアドバイスをしてた。

      嫉妬で悩む人が、今付き合ってる人が別の男性とデートしたりして自分が嫉妬して苦しいから、また違う女性に話しかけて二人目、そして、また三人目の彼女を作ればいいと言う考えかもしれない。

      自分が楽しければ相手が別の人と楽しんでても嫉妬しなくなるという考えかもしれない。

      しかし、それは、世の男性陣を見れば、例え自分が違う人とデートしても自分の彼女が他の人とデートすると嫉妬する人が非常に多いと思う。

      二番目の女性がまた違う男性と遊んだら、また、その人は嫉妬するだろう。それでは、嫉妬の解決には全くならないように思う。それを繰り返していけば、単に、脳内の嫉妬の科学的連結を強化していくばかりだと思う。10人の女性と付き合っても、意識を使わなければ嫉妬を感じるだろう。

      じゃ、どうすればいいのかというと、いろんな男性と遊びたがる、でも、自分の好みの女性と数年間おつきあいすれば、じきに慣れてしまい嫉妬もしなくなるのではなかろうか?

      そして、彼女が他の男性とデートをする時に、じゃなくてもいいが、自分一人の時間が持てる時に、自分がなんで、嫉妬をするようになったのか、自分の過去を遡って見て自分の体験を内觀すべきではないか?

      その過去のある体験、最も最初に体験したことで自分が嫉妬する要因となった原因の出来事を探るのが一番の妙薬だと思う。

      丸一日かかってもそれを探す旅をした方が賢明だ。それは、次の女性を探すために都市をさまよい歩くよりも素晴らしい旅だと思う。

      それがわかれば原因がわかったのだから、もう半分は解決したも同じで、次にすることは、嫉妬を自分が感じそうになった時に、意識を使って、その過去の原因となる出来事を体験した時の感情的反応を自分が再体験する前に、意識的に、相手の女性が他の男性とでも幸せでいてくれることに喜びを感じるようにする、これしかないだろうね。これを何度も繰り返して訓練していけば、段々嫉妬を感じたとしてもそれを上手くコントロール出来るようになると思う。





      スポンサーサイト

      0
        • 2016.08.15 Monday
        • -
        • 22:47
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << March 2019 >>

        【私のプログ】

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • パレスチナがスウェーデンにより国家承認された。弥勒菩薩ラエルは楽園主義を提唱
          名無し (10/21)

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM