スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.08.15 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    女性弁護士140人安保法案に反対!弥勒菩薩ラエルは全戦争廃止をしゅちょう!

    0
      JUGEMテーマ:政治



      女性弁護士団が阿部政権に反対!

      ブロガー:
      安倍政権が強引に憲法の解釈を捻じ曲げ、戦争法案を通そうとするのは、アメリカの集団的自衛権行使で日本が戦争に参加するためだ。

      それが、対中国だという人も言えば、中東に行く可能性も強いと懸念を示す人もいる。沖縄に在日米軍が駐留し始めた時から、これは米国の権力者の戦略としてあったのだと思う。安倍政権が憲法解釈をねじまげてまで、戦争法案を通すのをやめさせるためには、断固として、日本中の老若男女が力強く政府に反対しなくてはいけない!

      そして、沖縄から、日本中から在日米軍を追い出さなくてはいけない!

      アメリカ軍の駐留できる国は世界に一つたりと存在してはいない!

      アメリカは、戦争主体の政治と、軍需産業主体の経済を廃止しなくてはいけない!

      これ以上、彼らは他国の人権を、資産を、土地を、家を、人々の命を奪うことはやめなくてはいけない!

      子供達の命を奪うな!

      テロリスト国家イスラエルを助けるな!

      アメリカは日本から出て行け!

      安倍よ、犯罪国家に日本をするな!首相解任だ、お前は!


      ★ ★ ★



      「震えるほど怒り」女性弁護士140人が凄まじい迫力で政権批判URL:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/161672/1
      やっぱりオンナは強い。安保法案に反対する女性弁護士約140人が10日、東京・霞が関の弁護士会館で集会を開いた。その後、有楽町駅前の街宣では約160人が集まり、50人が壇上スピーチ。安倍政権を真っ向批判した。

       それにしても、女性弁護士らの舌鋒の鋭さはすさまじかった。我先にとばかりにマイクを手に取り、「集団的自衛権行使で、殺戮の当事者になってはいけない」「私たちが潮目を変える」「安倍政権には、体が震えるほどの怒りを覚える」「女性の力は強い。男と違ってリクツじゃないのよ!」などと声を上げていた。

       前半の集会に参加した慶大名誉教授・小林節氏も「今さらここで憲法の話をするつもりはありません。皆さん一緒に戦おう」と何だか気おされた感じ。後半の街宣から参加した民主党・枝野幸男幹事長や共産党の山下芳生書記局長も、ステージ上で話す女性弁護士の脇ではおとなしく見ていた。

       日弁連憲法問題対策本部の水地啓子副本部長はこう言う。

      「今の日本では、女性の声はまだまだ小さい。私たち同性が呼びかけることで、より多くの女性が共感してくれると思います。集会、街宣ともに手応えは上々です。これからもしっかり発信し、共感者をもっと増やしていきたい」

       ただでさえ、女性の“安倍離れ”は顕著だ。先月末の朝日新聞の世論調査では、女性の内閣支持率はたったの34%。この日は国会前に、若者を中心に1万5000人以上が集まり、「安保法案反対」を唱えた。安倍政権は女性と若者に倒される。



      女性弁護士140人が安保法案にNO!「憲法違反だと、弁護士なら誰でも知っている」
      URL:http://www.bengo4.com/other/1146/1287/n_3367/

      安倍政権が成立を目指す「安全保障関連法案」に反対する女性弁護士たちが7月10日、東京・霞ヶ関の弁護士会館で集会「〜women love peace〜集団的自衛権にNO! 女性弁護士101人大集合! 女性弁護士による安保法制に反対する集会と街頭宣伝」を開いた。

      当初「101人」とうたわれていた女性弁護士の数は140人にふくらみ、聴衆として市民ら80人も集まる盛況ぶりだった。集会では、一人ずつ、自らの思いを簡潔に述べ、マイクを次から次へと渡していくリレートークが行われ、「憲法9条で守られている平和な日本を、次の世代にも引き継いでいきたい」と呼びかけた。


      ●「安倍内閣は賢くない」

      トークでは「安保法案が憲法違反だと弁護士なら誰だって知っているはず」などと、安保法案の違憲性について言及する弁護士が多くみられた。「憲法学者で、安保法案が憲法違反じゃないと言う人がいるとは全く思っていなかった」と驚きを語る弁護士もいれば、「政府や法律が憲法を超えるようなことがあっては絶対にならない」と強い口調で訴える弁護士もいた。

      集会には、憲法学者の小林節・慶応義塾大学名誉教授もゲストとして参加していた。小林氏は「安倍内閣は賢くない。真面目に議論をしている中で空回りするので、本当にイライラしていたんですが、相手が本物の、確信犯のバカだと気づいた。国家の最高トップにブレーンがいないことは本当に怖い」と、現内閣を強く批判した。








      嘉手納基地の弾薬庫に核爆弾を保管していた米軍。弥勒菩薩ラエルは全戦争の廃止を主張

      0
        JUGEMテーマ:世界平和




        この記事に、沖縄県の嘉手納基地に米軍が核爆弾を保管していた保管庫があるということが書かれています。今は空らしいですが、本当かどうかわかりません。

        その当時は、ソ連や中国との戦争を仮定していたでしょう。すると、戦争になる事態になった場合、その核兵器を本土の基地または飛行場に運び込み、そこから米軍の飛行機に積んで敵国に飛び立つという手はずだったようです。

        日本は今日まで米軍の隷属国であり、日本はアメリカが他国と戦争するときのために利用される国でしかないのです。

        この事実を理解した時、私達はこのまま米軍の隷属国で在り続け、米軍の命令で米軍と戦争に出撃するような事態になって良いのかと自問自答しなくてはいけません。

        もし、このような事を許してしまえば、私達は広島長崎を世界にうったえて平和を祈る意味がなくなってしまいます。

        本当の平和とは、日本から変えなくてはいけないと思います。アメリカ軍を日本から追い出し、日本の憲法を自分たちの手で作り直し、戦争否定し平和を守る憲法で市民の幸福と利益を第一とするような憲法を創るべきです。安倍さんの言うような戦争を推し進めるための憲法解釈の変更は許せません。

        ★ ★ ★



        ★以下、記事の引用

        2005年2月7日(月)
        東奥日報

        ■「核貯蔵庫」位置を特定/東西冷戦下の沖縄・米軍嘉手納基地

         東西冷戦がピークにあった一九五〇年代から七〇年代前半にかけて、ソ連、中国、北朝鮮をターゲットにした核出撃基地として機能していた米軍三沢基地。有事には「コア」と呼ばれる核物質が米軍政下の沖縄県・嘉手納基地から運び込まれ、待機する戦闘爆撃機の核爆弾に装着する計画になっていたが、そのコアを保管していた「核貯蔵庫」とみられる施設が六日までに、東奥日報社が入手した航空写真と当時の日本人軍属の証言などからほぼ明らかになった。軍事機密の厚いベールに閉ざされていた「核貯蔵庫」の具体的な位置が特定されたのは初めて。

         「核貯蔵庫」とみられる施設が確認できたのは、嘉手納基地の滑走路東端に隣接する丘陵地帯の一画。飛行場周辺には嘉手納弾薬庫と呼ばれる米軍用地が広がるが、「核貯蔵庫」は滑走路から県道74号線(七二年の沖縄返還以前は軍用16号線)を隔てただけの弾薬庫入り口部分にあった。

         「核貯蔵庫」特定の決め手は、(1)外部から侵入しづらいように二重フェンスで囲まれている(2)出入り口を一カ所に制限している(3)夜間警戒用のライトが外側を向いている(4)精密機器の劣化を防ぐために空調設備が設けられていた(5)核兵器専門の整備部隊(第七戦術補給中隊、のちの第四〇〇弾薬整備中隊)が管理していた−など米軍が核施設のために規定したマニュアルとぴったり符合する点だ。

         また当時、同基地内の技術中隊の軍属として「核貯蔵庫」に出入りしていた友寄(ともよせ)朝英さん(65)=沖縄県宜野湾市在住=は「広大な嘉手納弾薬庫の中で、その一画だけ、白い作業服(核防護服)を着た人間が出入りしていた。施設本体は地下六階にあったが、入る際には胸に(放射線の被ばくの有無を確認する)フィルムバッジを着けることを義務付けられた」と、核にかかわる特別な場所であったことを証言する。

         さらに、友寄さんは「その一画は憲兵ですら入ることができない特殊な地域で、警備のものものしさは尋常ではなかった。だから、(核貯蔵庫であることは)仲間うちで暗黙の了解だった」と、核貯蔵庫の存在が基地内で“周知の事実”であったことを説明する。

         友寄さんが軍属として同基地に勤務していたのは六〇年代の約四年間。主に空調設備の保守管理に当たり、「核貯蔵庫」には年に四回の定期検査時に出入りしていた。

         東奥日報社のこれまでの調査によると、「核貯蔵庫」内のコアは有事の際、核戦争計画であるSIOP(単一統合作戦計画)に従って貯蔵庫から引き出され、C130輸送機に搭載。三沢のほか、入間(埼玉県)、板付(福岡県)など本土の核攻撃基地に運ばれることになっていた

         その一方で、嘉手納基地からも核搭載の戦闘爆撃機が出撃することになっていた。「核貯蔵庫」には六〇年代に最大で百個以上のコアが保管されていたとみられる。

         核問題研究の第一人者で、七〇年代に同基地の調査を行った新原昭治さん(東京都東村山市在住)は「施設の状況からみて、ここが『核貯蔵庫』に間違いないだろう」とした上で、「核貯蔵庫」が弾薬庫の中でも飛行場に極めて近い場所に置かれた点については「核戦争計画は分刻みの行動が求められたので、輸送機への積み込みと警備がしやすく、しかも司令部のコントロールが利きやすい場所という観点から選ばれたのでは」と話す。



        解説/捨て切れぬ再使用の疑念

         「核貯蔵庫」の存在は、沖縄が核抜き返還される一九七二年まで、沖縄県民はもちろん日本国民の誰もが知る事実でありながら、詳細については謎に包まれてきた。

         その謎に迫る手がかりはただ一つ。飛行場の北側に見渡す限り広がる嘉手納弾薬庫、そこのどこかだろう−というあいまいな推測だけだった。

         「核貯蔵庫」の謎に最も肉薄したのが返還直前の七一年だった。

         あるカメラマンが、飛行場東端の第18ゲートから嘉手納弾薬庫に小型トラックで運ばれる核爆弾(B61と呼ばれる型)の撮影に成功したのだ。しかし、その核爆弾が大事にしまい込まれた先、つまり「核貯蔵庫」までは特定するに至らなかった。

         それから三分の一世紀。ついに「核貯蔵庫」の封印が解かれた。皮肉にも、研究者やマスコミが血まなこになって追っていた「核貯蔵庫」は、飛行場とは道一つ(県道74号線、当時は軍用16号線)隔てただけの、嘉手納弾薬庫の入り口部分にあった。

         核爆弾が撮影された場所とはまさに目と鼻の先だったのだ。

         そして今…。飛行場と「核貯蔵庫」を結んでいたかつての“核の道”は、外部の目を遮るかのように地下道へと姿を変えた。「核貯蔵庫」の中も核抜き返還以後はからっぽになったといわれる。「しかし」と、核問題研究家の新原さんは警告することを忘れない。

         「米国が先制核攻撃を国家戦略の一つとして手放さない以上、かつての『核貯蔵庫』はいつでも再使用できるよう維持されているのではないか」(編集委員・斉藤光政)

        引用元:https://www.toonippo.co.jp/kikaku/misawa/new2005/0207.html



        米軍用地強制使用裁決申請事件
        同  明渡裁決申請事件
          意見書(三)

        URL:http://www.jca.apc.org/HHK/Kokaishinri/ikensyo3/ikensyo3-danyaku.html

        三 核基地の疑惑

         既に述べたように、本施設は第四〇〇弾薬整備中隊が管理している。復帰前、米空軍の四種類の戦術核爆弾すべての種類を貯蔵管理する任務を負っていて、本施設において核兵器や毒ガス兵器を、貯蔵管理していた。その毒ガスについては、一九六九年の毒ガス漏事故がきっかけで撤去運動が起こり、一九七一年九月までにハワイ近くのジョンストン島に移され、撤去されたことになっている。しかし、現在、同施設に毒ガスは保存されていないとの確証はない。

         核兵器についても、日米の合意により、復帰までの間に同施設から撤去されたことになっている。しかし、本施設に核兵器が貯蔵され、あるいは持ち込まれている疑惑は、依然として消えていない。

         アメリカの核政策は、「肯定も否定もしない」ことを基本としている。しかし、一九八一年五月、前述の第四〇〇弾薬整備中隊の「週間整備計画」が明らかにされ、その中で、復帰後の一九七五年二月三日から七月にかけて、B61核爆弾が嘉手納飛行場格納庫から嘉手納弾薬庫地区の整備作業場3X06に運び込まれ補修作業が実施されたことが明記されていることや、核兵器の重大事故を想定した折れた矢 (ブロークン・アロー)訓練や、核兵器の起爆を可能にするPAL訓練核搭載機のハイジャック防止訓練等が行われていることは、核兵器の存在あるいは持ち込みの疑惑の根拠づけとなっている。

          本施設内には、米国防総省の「核兵器の保安基準」に基づいて構築されたイルグー(履土)式弾薬庫が数多く並んでおり、核生物・化学兵器がこのタイプの弾薬庫に貯蔵されていることからみても、この施設に核兵器が存する疑いは濃厚となっている。










        << | 2/7PAGES | >>

        PR

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>

        【私のプログ】

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • パレスチナがスウェーデンにより国家承認された。弥勒菩薩ラエルは楽園主義を提唱
          名無し (10/21)

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM