スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.08.15 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    衝撃を与える4つの過酷な真実。弥勒菩薩ラエルは楽園主義を提唱

    0
      JUGEMテーマ:戦争・紛争



      4 Hard Truths That Will Jolt You Awake
      あなたに衝撃を与える4つの過酷な真実

      on 19 May, 2014 at 20:50



      Felt It Your Entire Life [X-SecT] Anonymous
      生きている間ずっと感じていた…自分がマトリクスの中にいることを…目覚めよ!




      "The truth will set you free. But first, it will piss you off.”Gloria Steinem
      「真実は貴方を自由にしますが、最初は、貴方を怒らせるでしょう。」グロリア・スタイネム


      Are you tired of floating around in that pink goop of the Matrix? Are you ready to slough off the illusion like it was an old hat? Has the White Rabbit been too fast for you so far? If you are reading this article, you are here to wake up. Here are five ways to slow that white rabbit down so you can catch up.
      トリクスのピンクの軟泥の中にプカプカと浮いているのにはもう疲れたでしょうね?古い帽子のような幻想を脱ぎ捨てる準備はできていますか?貴方がこの記事を読んでいるというのは、ここで貴方が目をさます事を意味するのです。ここで、その幻想から目を覚ますための5つの方法をあなたにお見せします。


      1) Money is a hoax
       お金は詐欺です。

      2) Debt is fiction
       借金はフィクションです。

      3) Media is manipulation
       メディアは人を巧みに操作します。

      4) Government is a corporation
       政府は企業です。



      1) Money is a hoax
      お金は詐欺です。



      “The Western worldview says, in essence, that technological progress is the highest value and that we were born to consume, to endlessly use and discard natural recourses, other species, gadgets, toys, and often, each other. The most highly prized freedom is the right to shop. It’s a world of commodities, not entities, and economic expansion is the primary measure of progress. Competition, taking, and hoarding are higher values than cooperation, sharing, and gifting. Profits are valued over people, money over meaning, entitlement over justice, ‘us’ over ‘them.’ This is the most dangerous addiction in the world, not only because of its impact on humanity but because it is rapidly undermining the natural systems that sustain the biosphere.” –Bill Plotkin
      「西洋の世界観によると、本質的に、技術的進歩が最も高い価値があると考えられていて、永遠に消費活動をすること、例えば、天然資源やその他の生命の種、道具、おもちゃ、しばしばお互いに、終わりなく使用・廃棄を繰り返す為に私達は生まれたのだと考えられています。人々が持つ権利の中で最も自由にできる事と言えば、それは買い物です。この世界は商品であふれる世界であり、実在のものではなく、経済的拡大こそが進歩するための主な手段となります。競争により相手から奪い取り、貯めこむ事が、協力や分かち合い、そして、人に与える事よりもより高い価値を持ちます。利益のほうが、人よりも高い価値があり、物事の意味よりもお金のほうが価値があり、正義よりも権利のほうが、そして、「彼ら」よりも「我々」のほうが高い価値があるとされています。これが世界の中で最も危険な依存であり、それは人間に与える影響のせいだけではなく、生物圏を支える自然のシステムを急速に弱体化させているから最も危険な依存なのです。」・・・ビル・プロトキン


      It is not the more evolved aspect of ourselves that tricks us into thinking that we need money to survive; it’s the less evolved aspect of ourselves that does the tricking. With our advanced technologies we imagine that we know the way the world works, when, for the most part, we have forgotten how everything is connected.
      達がなんとか生き抜くためにお金が必要だと考えるように私達をだますのは、私達のより進化した側面ではなく、私達の最も劣っている側面なのです。私達の進歩したテクノロジーを使って、私達は世界がうまく機能する方法を知っているのを想像しますが、その時大部分において、私達は全てがどのように繋がっているかすっかり忘れているのです。

      Until we can relearn “a language older than words,” and once again engage in a healthy dialogue with nature and the cosmos, we will continue to be tricked by the less evolved aspects of ourselves. The more awareness we bring to this extremely complicated cognitive dissonance, the more possible it will be to achieve an ecologically, economically, and socially sustainable world.
      達が「言葉よりも古い言語」を学ぶことが出来、再び、健康的な自然と宇宙との対話に携わることが出来るようになるまでは、私達はずっと私達の最も進化していない側面によって騙され続けていくのです。私達がこの極端に複雑化した認知の不一致に対して、多くの覚醒をもたらせばもたらすほど、生態学的に、経済的に、そして、社会的に持続可能な世界を達成することになるでしょう。


      As it stands, however, the Federal Reserve is a house of cards guarded by a red herring. Money is the opiate of the masses, and the masses are too busy spending it on worthless crap to get to know each other as healthy individuals, let alone as a healthy community. We have become Pavlov Dogs, and money is our dinner bell. But money was never meant to be horded, or even amassed, it was meant to circulate as a way of uplifting the community. And yet here we are, hoarding and amassing, while our communities are in unhealthy disarray. It’s high time we abandoned the force-fed shibboleth that having more money makes us better people. It doesn’t. Being healthy, compassionate and moral is what makes us better.
      かしながら、現状では、連邦準備金レッド・ヘリング※1)(重要な事柄から大衆の注意を逸らそうとする技法)により守られている不安定な構造です。貨幣は大衆のアヘン剤であり、大衆は健康的な個々人として(健康的な地域社会としては、言うまでもなく)互いに知り合うために価値のない「くず」にお金を使う事であまりにも忙しいのです。私達はパブロフの犬)になってしまい、お金は私達の夕食の準備が出来た事を知らせる小さいベルなのです。しかし、お金は一箇所に群がったり、蓄積するべく造られたものではなく、地域社会を向上させる手段として社会の中を循環するために造られました。それにもかかわらず、私達が今何をしているでしょうか?私達の地域社会が不健康な無秩序の中で、群がり、蓄えています。より多くのお金を持つことは私達をより良い人間にするという、無理やり信じこまされた合言葉を捨て去る良い時期に来ています。健康的でいること、思いやりを持つこと、そして、教訓が私達をより良くします。





      2) Debt is fiction
      借金はフィクションです。


      “There are two ways to conquer and enslave a nation. One is by the sword. The other is by debt.” –John Adams
      「国家を制服し奴隷化する2つの方法があります。一つは剣で。もう一つの方法は借金で。」─ ジョン・アダムズ


      Unfortunately our nation has been enslaved by debt. Our current system is not an economic system at all, but an ecocidal system; an intrinsic obsolescence of conspicuous consumption. It’s a grave misfortune that efficiency, sustainability, and preservation are the enemies of our socioeconomic system. This has got to be the most bizarre delusion in the history of human thought, a retarded Ponzi scheme en masse.
      運にも、私達の国家は借金により奴隷化されてきました。私達の現在のシステムは経済的システムでは全くありません。それどころか、現在の社会システムは環境を破壊するシステムであり誇示的消費の内在する廃退であり、効率性、持続可能性、そして、保存が私達の社会経済システムの敵になってしまっている事は、深刻な災難なのです。これは、やはり人類の思考…大人げない集団出資金詐欺…の歴史の中で、最も奇妙な妄想なのかもしれません。


      But it’s difficult to get people to understand something when money, and especially debt, prevents them from understanding it. Instead of ownership, give us strategic access. Instead of equity, give us equality. Instead of one-track-minded profit, give us open-minded people. Instead of unsustainable monetary-based economics, give us a sustainable resource-based economy, which is basically the scientific method applied to ecological and social concerns.
      かし、お金が、そして特に借金のせいで、彼らが何かを理解する事ができなくなる時、彼らにこの事を理解させようとするのは難しいものです。所有権の代わりに方策のある権利、株式資本の代わりに平等を私達に示してください。一つの考えにとらわれた利益よりも、私達に心の開かれた人々を示してください。維持不可能な貨幣を基礎とする経済よりも、継続可能な資源を基礎にした経済(基本的に、環境上の、そして、社会的な懸案事項に対して適用される科学的な方策)を与えてください。


      As tough as it is to hear, nature is a dictatorship. We can either listen to it and fall into harmony or deny it and suffer. Ask yourself this question by Fleet & Lasn: “When the economic system fails, will we know how to behave, how to act, how to appreciate, how to value, how to survive, how to be and how to love in a world that no longer defines relations by money?”
      情に聞こえるかもしれないが、自然は専制君主なのです。私達は自然に耳を傾けそれと調和を持つ状態に入るか、もしくは、自然を否定し苦しむかのどちらかです。この質問を自分自身に問いかけてください・・・「経済システムが機能しなくなったとき、貨幣により関係を定義しなくなった世界の中で、私達は、いかに振る舞い、どのように行動し、どのように感謝し、どのように尊重し、どのように生存し続け、どういう自分でいつづけ、どのように愛するか知っているでしょうか?」






      3) Media is manipulation
      マスメディアは人の心を操縦します。



      “Any dictator would admire the uniformity and obedience of the U.S. media.”Noam Chomsky
      「どんな独裁者も合衆国のメディアの統一性と服従には関心するでしょう。」 ─ ノーム・チョムスキー


      Media has always been an effective method for manipulating people. We are social creatures who are also psychological creatures. This combination makes us unwittingly vulnerable to the power of suggestion. As it stands, media has been our Achilles Heel. These days the “news” we receive from corporate media is more likely to be disinformation. Skepticism is a must when reading or viewing the information provided by these outlets.
      を巧みに誘導するためにマスメディアは機能し続けています。私達人間は社会的な生き物ですが、精神的な部分もあります。この組み合わせが、私達を無意識のうちにマスコミの偽情報の力に攻撃されやすくしています。現状では、メディアが今までずっと私達を騙し続けていました。しかし、最近では、企業メディアから私達が受け取る「ニュース」は真実を隠すための偽情報である傾向が強くなってきています。そこで、これらの情報の提供元から提供された情報を読んだり、観たりするときには、懐疑的態度が絶対必要になるのです。


      The key: Don’t believe anything you hear and only half of what you see. Analyze the Kool Aide before you swallow it. Even then, be prepared to vomit it back up at the first sign of deception. Remain circumspect and question all authority. They don’t have our best interest at heart. They only want our money, and to remain powerful. Like Wendell Berry wrote in the Unsettling of America, “People whose governing habit is the relinquishment of power, competence, and responsibility, make excellent spenders. They are the ideal consumers. By inducing in them little panics of boredom, powerlessness, sexual failure, mortality, paranoia, they can be made to buy virtually anything that is “attractively packaged.””
      方が聞く一切の情報は鵜呑みにしてはいけませんし、目から入る全ての情報を信じるのは良くないということが鍵です。それを信じる前に良く分析してください。騙されているなという兆候が最初に見えてきた時に、既に信じかけている時でさえ、それを鵜呑みにすることをやめてください。慎重な態度を貫き、全ての情報を発信している人達に質問をしてください。彼らは全く私達の事なんか意に介していませんから。彼らは単に私達のお金がほしいだけで、影響力を持ち続けたいのです。アメリカの詩人であり小説家、環境活動家、文化批評家、そして、農場経営者であるウェンデル・ベリーが作品「アメリカの不安Unsettling of America)」の中で書いたように、「権力・競争・責任を放棄」して習慣的に自分自身を自制する人達は、お金を支払う人になります。彼らが理想的な消費者なのです。彼らの退屈感や無力感、性不全、死の必然性、そして、被害妄想などの恐怖感を少しでも煽れば、彼らは、文字通り、魅力的にパッケージ化された一つの商品なら何でも買うように誘導されてしまうでしょう。


      We are slowly becoming more aware of corporate media lying to us. But they know we know they’re lying to us. And we know they know we know they’re lying to us. With enough inertia, this debacle of a process just continues until we are eventually lying to ourselves. And here we are. Like the great Baruch Spinoza once surmised, “The supreme mystery of despotism, its prop and stay, is to keep men in a state of deception, and cloak the fear by which they must be held in check, so that they will fight for their servitude as if for salvation.” And here we are, unless we decide to wake up.
      達は企業メディアが私達に嘘をついていることに気付き始めています。しかし、彼らの嘘を私達が知っていると言うことを、彼らは知っています。そして、彼らの嘘を私達が知っていることを彼らが知っているという事を、私達は知っています。そして、この繰り返しが重なる内に私達は惰性になってしまい、最終的には私達が自分自身に対して嘘をつくようになってしまうのです。そして、今私達がここにいます。そして、かつてオランダの哲学者であったバールーフ・デ・スピノザが推量したように、「専制政治とその支持者達の究極の奥義は、人を騙された状態に保ち、彼らを抑制するための恐怖で彼らを覆ってしまう事です。そうすることで、彼らは、まるで救済を求めようとするかのように、奴隷状態を求めるために争うでしょう。そして、私達が今その中にいるのです。私達が目をさまそうとしない限り・・・


      4) Government is a corporation
      政府は企業です。


      “The end of democracy and the defeat of the American Revolution will occur when government falls into the hands of lending institutions and moneyed incorporations.”Thomas Jefferson
      「政府が貸付機関と金融合併の手中に落ちるとき、民主主義の終わりとアメリカ革命の敗北が起きるでしょう。」 -- トーマス・ジェファーソン

      Here’s the thing: we do not live in a democracy, and we probably never really have. A prestigious Princeton study recently concluded that we live in an oligarchy: rule by a few individuals. And these individuals just so happen to be plutocrats, making this particular flavor of oligarchy a plutocracy: rule by the rich.
      まりポイントはこうなんです…私達は民主主義の社会に生きているのではありません。そして、私達の社会は、恐らく決して民主主義になることはないでしょう。一流のプリンストン大学の研究は、最近、私達は寡頭政治(少数独裁政治)少数の人間により統治される社会に生きているという結論を出していて、この少数の人達の正体は富豪であり、この寡頭政治の独特のやり方を金権国家政治、つまり、富裕階級層の人達による統治であると説明しています。



      専制政治はその角のあたりをこそこそとうろつき回っている
      のではなくて、あなた達がまさに今それを見ています。

      The problem is that money itself has become an immoral agent within an otherwise amoral system that praises itself as moral. Ask yourself: do you wish to live out harried lives of nine-to-five slavery, giving up your days to heartless corporations that don’t give a damn about anything except making money, or do you wish to live a happy life of loving compassion, doing what you enjoy, in spite of plutocracy, oligarchy, and tyranny?
      題は、お金自体が、別のやり方で善悪が区別できないシステムの中での不道徳な媒介となってしまったということであり、しかし、政府はこのシステムを善悪を区別するシステムだと賞賛しています。ここで、自分自身に問いかけてみてください・・・金儲け以外何も一切関心がない冷酷企業のために、9時から5時までの奴隷制度で苦しみながら人生を生き延び、毎日を犠牲にしたいですか?それとも、金融国家政治や寡頭政治(少数独裁政治)、専制政治にもにかかわらず、貴方は自分の楽しむ事をしながら、思いやりを愛する幸せな人生を生きたいですか?



      The Occupy Movement succeeded in shifting the tenor and shape of debate in the world, but we must not rest on our laurels. Trickle-down economics DOES NOT WORK! Austerity economics DOES NOT WORK! Corporations are NOT people. Money does NOT equal speech. It’s a trap. If we don’t get big money out of politics then everything we want to do will be hopeless. We need to be smarter with our mobilization tactics for the change and allocation of power within our society. So far the security and surveillance state has boxed us in, like the great MLK Jr. said, “Those who love peace must learn to organize as effectively as those who love war.”
      「占拠せよ運動」は世界の中の議論の趣意と全体像を変化させる事に成功しましたが、現在の栄光に満足していてはいけません。大企業優先の経済政策はうまくいかないし、緊縮財政経済はうまく行きません!企業は人間ではありません。お金は政治的演説と同じではありません()。お金は実は罠なのです。もし、私達が政治から大金を得ることが出来なかったら、私達がしたいこと全てが不可能になります。私達の社会の中でより賢く権力の交代と動員戦略を使う必要があります。偉大なマーテイン・ルーサー・キング・ジュニアが、「平和を愛する人達も、戦争を愛する人達のように効果的に組織化する事を学ばなくてはいけません。」と言いましたが、今のところ、安全保障と監視国家が私達を取り囲んでいます。


      Credits: “4 Hard Truths That Will Jolt You Awake,” Which originally appeared on fractalenlightenment.com, Written by Gary Z McGee.


      URL: http://themindunleashed.org/2014/05/4-harsh-truths-will-jolt-awake.html




      ヽ(^。^)ノ


      ■『お金は言葉で表現するのと同じではない』

      この言葉は、アメリカの政治に関わる巨額な資金の流れを最高裁が合法化してしまうような判決を出したことに反対する意味で多くの人達が使っているフレーズです。

      In the landmark 1976 case of Buckley v. Valeo, the court said that “virtually every means of communicating ideas in today’s mass society requires the expenditure of money,” so restricting campaign spending meant restricting political speech. The First Amendment required that political speech be unfettered, so the same was required for political spending.
      画期的な1976年のバクリー・V・ヴァレオの判例で、裁判所は「文字通り、今日の大衆社会で考えを相手に伝えるあらゆる手段を実行するには、お金の出費が不可欠である」と述べ、しかるに、キャンペーンに規制をかけることは政治的演説に規制をかけることになると述べた。最初の法律改正では、政治的演説が拘束されないのであれば、同じことが政治的出費にも要求されなくてはならないという内容であった。

      これに対して、いろんな人達が反対意見を主張しており、この法案修正を覆すためのスローガンとして、「お金は言葉と同じではない」「お金を支払う力と言葉で表現する力とは同じではない」などというスローガン的な表現が出てきているようだ。

      参考:LETTER: Supreme Court is wrong to equate political speech with money
      最高裁:最高裁は、政治的発言をお金と同じてあるとみなすのは間違っている。


      Mon Dec 02, 2013 at 07:09 PM PST
      If Money = Speech ...
      もし、お金 = 政治的演説

      http://www.dailykos.com/story/2013/12/02/1259721/-If-Money-Speech#


      それは私達の住む社会が民主主義の社会ではなく、一部の億万長者が発言権を持つ金権政治による金権国家Plutocracy by Money Polictics)であるといえる。そして、このながれを完全に変えるには、彼らの権力の源である貨幣制度と銀行システムを完全に廃止しなくてはいけない。それには、宇宙人エロヒム最後の預言者ラエルが発案した楽園主義の社会システムを人類の社会に導入する方法しかない。

      楽園主義の社会システムは、人類を科学的に創造したと言われる宇宙人エロヒムの最後の預言者ラエルにより発案されたものだ。

      そして、肝心ないつ楽園主義が来るのか?と言う問いに対しては、もちろん私達が自分の行動を変え、行動に移さなければ楽園主義は来ないのであるが、それが科学の進歩が特異点に達した時に来ると私は考えている。特異点に達するのは、2030年前後であり、その時人類は全ての事を理解出来る科学的レベルに到達するのであり、その時、人類が宇宙人エロヒムにより科学的に創造された事を理解し、私達がエロヒムに科学的に創造された理由は、私達が地球で人類の種を存続し、幸せに生きると言うことである事に気づくはずである。その時が、楽園主義に入るときになると思う。もちろん、それよりも早く人類が悟りを開き、平和な社会システムの建設に入れるようになることを私は切に願う。



      楽園主義





      ヽ(^。^)ノ

      注釈※

      パブロフの犬

      一般的に「パブロフの犬」としてよく知られる実験である。 犬のほおに手術で管を通し、唾液の分泌量を測定した。 ベルを鳴らしてからエサを与える事を繰り返した結果、ベルを鳴らしただけで唾液を出すようになった。

      さらにベルを鳴らし続けると次第に反応は消えていくが、数日後同様の実験をしても犬は唾液を分泌する。前者を『消去』と言い、後者を『自発的回復』と言う。

      なお「パブロフの犬」というと単数の印象を受けるが、実際には数百頭いたらしい。

      URL: パブロフの犬


      続きを読む >>

      << | 2/2PAGES |

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      【私のプログ】

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • パレスチナがスウェーデンにより国家承認された。弥勒菩薩ラエルは楽園主義を提唱
        名無し (10/21)

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM