スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.08.15 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    中国の混雑する天津港での大爆発とその余波

    0
      JUGEMテーマ:事件・事故



      Shocking aftermath of blasts in busy Chinese port of Tianjin (PHOTOS, VIDEO)
      Published time: 13 Aug, 2015 09:47
      Edited time: 13 Aug, 2015 17:49
      中国の混雑する天津港での大爆発とその余波
      投稿日時:2015/8/13 09:47
      引用元:http://www.rt.com/news/312333-china-blast-dead-injured/

      The aftermath of two blasts that rocked China’s port city of Tianjin looks like a scene from a movie about a zombie apocalypse, nuclear war or even alien attack. Photos captured rows of burned-out cars, totally destroyed properties and injured people.
      中国のティアンジン港を激震させた2つの爆発の余波は、核爆発のように見える。以下の写真は、焼け焦げた車が並んでいる様子や完全に破壊された施設、そして、負傷した人々を捕らえています。

      こちらを参照してください。】

      At least 44 people have been killed and up to 520 injured, 60 of them seriously, after two explosions took place in the northeastern Chinese city of Tianjin late Wednesday, state media reported.
      中国北東部のティアンジンで、水曜日の遅い時間に発生した2つの爆発の後、少なくとも44人の人達が死亡し、最高520人もの人達が負傷し、そのうち60名が重症であると、同省の報道機関が報道しています。


      The explosions were caused by a shipment of explosives in a key industrial zone in Binhai New Area.
      この爆発は、ビンハイ・ニュー・エリアの産業主要ゾーンで、爆発物の船積みにより起きたものでした。


      Videos posted on social media showed huge fireballs shooting into the night sky in the city.
      ソーシャル・メディアに投稿されたビデオからは、その都市の夜空に向かって大きな爆発の火の玉が湧き上がるのが見てとれます。



      17 people were killed and over 400 others have been hospitalized after #Tianjin warehouse explosions. President Xi Jinping has urged for all-out efforts to extinguish the fire and rescue the victims.
      17人:死亡、400以上:負傷
      天津の倉庫での爆発
      政府は全力を尽くして爆発の原因究明と被害者の救助に取り組んでいる。

      “The fireball was huge, maybe as much as 100 meters tall,” Huang Shiting, who lives close to the site, told AFP. “I heard the first explosion and everyone went outside, then there was a series of more explosions, windows shattered and a lot of people who were inside were hurt and came running out, bleeding.”
      「爆発の火の玉は多分100メートルぐらいの高さまでのデカさだった。」と、同省に住むフアン・シティングさんがAFPに伝えた。「最初の爆発音が聞こえて、皆外に出て行ったんだ。それから、更に爆発が連続して起きた。窓は粉々に砕け、室内にいた沢山の人達が怪我をし、血を流しながら外に出てきた。」と述べた。

      ★記事の内容はここまで。


      ★ここの部分は他のサイトより▽



      tianjin explosion broken window!!
      ティアンジン爆発で窓が壊れた




      The Aftermath Of Massive Explosion In Busy Chinese Port Of Tianjin | Aerial View
      混雑する中国の港ティアンジンの巨大爆発の余波




      【記事】中国・天津大規模爆発 当局、爆発原因明らかにせず会見打ち切り
      http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150813-00000090-fnn-int

      フジテレビ系(FNN) 8月13日(木)20時56分配信

      中国・天津で、13日未明に起きた大規模な爆発で、消防当局は日本時間13日夕方に行われた会見で、これまでに44人が死亡し、けが人は500人以上にのぼっていると発表した。
      現場から500メートルほど離れた地点では、爆発から18時間余りがたった今も、黒煙が上がっている。
      足元にはブロック塀が倒れているなど、爆風の威力がわかる。
      13日午後、天津市の消防当局などが会見を開いた。
      これまでに44人が死亡、このうち12人が消防士だったほか、521人がけがをし、病院で治療を受けているという。
      また、爆風で広範囲のマンションなどに被害が出ていて、住民3,500人ほどが避難しているという。
      しかし、当局はどんな化学物質が現場となった倉庫に保管してあり、爆発したのかは明らかにせず、会見を打ち切った。
      一方、日本人がけがをしたとの情報は入っていないが、現地の日系企業の建物では、ガラスが割れるなどの被害が出ている。
      午後6時45分現在、現場付近では、まだ4カ所で火の手が上がっている。
      そして、防護服を着た消防隊が、砂の混じった消火剤をまくなどして、対応にあたっている。

      最終更新:8月13日(木)20時56分






      御巣鷹山JAL123便墜落事件の真相

      0

        JUGEMテーマ:事件・事故




        「御巣鷹山JAL123便墜落事件の真相について!」佐宗邦皇代表

        ビデオの内容:

        JAL123便は、最後に米軍機によって核ミサイルにより撃墜されて墜落した。

        それは中性子爆弾の空対空ミサイルだった可能性がある。
        このミサイルは、被弾航空機の残留放射能を最少にして核使用の証拠隠滅ができるように設計されているようです。
        空中でキノコ雲が発して、黒い真っ黒な雲が出たのを目撃した人がいる。

        報道されている内部隔壁の損傷というのは嘘の報道だということもわかっている。実際には、尾翼に無人標的機が突き刺さった状態で横田基地に向かって着陸体制に入っていた。ところが、着陸寸前に横田基地から着陸を拒否されていた。その指令が誰から来ていたかというのが問題です。それは中◯◯総理から来ている可能性があると、このビデオでは解説されている。そして、飛行機は御巣鷹山の方にまでずっと追い込まれていった。

        アメリカがこの飛行機撃墜をした理由は、1985年はアメリカが日本にプラザー合意を強引にさせた年であり、それを境目にして、日本は世界最高の債権国から債務国になっていった。アメリカは、このJALジャンボジェット機の撃墜は、日本にアメリカの言うことを聞かなければ武力でやるぞという脅しであったと、ビデオの解説者は話す。

        そして、飛行機が落ちた翌月の9月の下旬に日本はアメリカのプラザ合意の文書にハンコを押した。

        この解説者が話している今でも、御巣鷹山には沢山の遺族の遺品があちこちに散らばっているが、地面には中性子爆弾でしか残らないような跡が焼き付いている。それにより、これが中性子爆弾による飛行機撃墜であった事を証明する証拠の一つとなる。


        ★ ★ ★


        これにはきな臭い事件がある・・・

        ★ 【日航機墜落】JAL123便:飛行機事故の真相【プラザ合意】

        30年前に日本でおきた、世界最大の飛行機事故が、日航機の墜落だ。
        その「御巣鷹山の真相」を追っていた、ワールド・フォーラム代表の佐宗邦皇氏が、2009年8月8日の月例会で、講演している最中に突然倒れて、翌日、8月9日に亡くなった
        死因は脳出血ということになっているが、実は、講演会で出された500mlのペットボトル、「おーい!お茶」を一口飲んでから、そのわずか30秒〜1分後に、突然倒れたのだ
        すかさず、そのペットボトルを回収すべく駆け寄った何者かの間で、緊迫した状況もあったようだ。
        こちらが実際に倒れた講演会の動画である(倒れる場面は公開されていない)。



        そして、このジャンボが墜落した翌朝の四時頃、現場で40〜50人の人達がまだ生存していたのを目の当たりにした人の証言がこちら・・・↓↓↓

        日航ジャンボ機JAL123便撃墜事件(M氏の証言_完全版)


        ★ビデオの内容の一部書きおろし

        司会:それでは、Mさんよろしくお願いします。Mさんは事故当夜、現場に向かわれたそうですが、まず、そのいきさつを教えてください。

        M氏:私の実家は、事故現場から見て西側、長野県の方にあります。当時は大学を卒業して社会人になったばかりで、事故当日はお盆ということもあり、たまたま実家に帰省していました。
        事故の速報を知ったのが、12日夕方の7時過ぎ頃だったと思います。その時は墜落現場は(長野県の)北相木村付近という報道でした

        そこで、北相木村やもっと南に位置する川上村に住む知り合いに電話を掛けて様子を尋ねたところ、どちらも墜落は確認できてないとのことなので、残るは南相木村の山間部しかないと思い、そちらに向かいました。

        たまたま高校時代の友人2名と一緒だったので、事故現場に行ってみようということになりました。まだ、若かったですから、その時はただ、何としても現場に1番乗りしてやるぞ、インタビューされてテレビに映ってやるぞ、ぐらいの本当に軽い気持ちしかありませんでした。

        オフロードバイクにまたがり、友人2人(それぞれオフロードとオンロードバイクを使用)と共に南相木村に向けて出発し、おそらく21時頃までには南相木村からの林道に入っていたと思います。
        ただし、オンロードバイクの友人は途中でこの行程から抜け、林道から先を進んだのは、オフロードにのったボクたち2人だけです。

        司会:その時刻はまだ墜落地点は判明してませんでしたよね(公式発表は翌朝5時以降)。そこからどこに進めばよいか、どう判断したのですか?

        M氏:そんなの訳ないですよ。上空で戦闘機が、それもおそらく2機がぐるぐる旋回している音がしてましたから、墜落現場はその(旋回)音の中心付近だなとすぐに分かりました。
        そこで、バイクで可能な限り近くの林道を進んで、そこから先は徒歩で山に入ることにしました。

        司会:ええっ? じゃあ、もうその時点で墜落地点はわかっていたと・・・

        M氏:はい。当然、警察も分かっていたはずですよ。だってボクたちが南相木村へ向かってるその後ろから、警察の白バイもついてきましたから。
        でも、普通のバイクなので切返しの多い山道に難渋していて、オフロードに乗ったボクたちは簡単に振り切っちゃいましたけど(笑)。

        林道の終点から山に入ってからは、途中、山の頂きへ登る度に、ヘリの音がする方向を探して、墜落地点を確認しました。
        ヘリは同じところを一晩中飛んでいたので、墜落地点は当然分かっているものと思いました。

        司会:すると、林道から先は、徒歩で夜の山に分け入ったのですか。危険だと思わなかったのですか?

        M氏:あの辺の山の持ち主(の息子)とか知ってますし、一緒に山に入って遊んでましたから、どんなところかは大体わかっていました。
        松の木と岩が多い所なんですよ。もちろん、急峻で険しい所だとも知ってますから、この先へ進むのは中々たいへんだなと思いましたよ。

        とにかく、墜落現場に向かってまっすぐ進むことしか考えていませんから、きつい傾斜や時にはオーバーハングを超えて、山道なんか関係なく、強引にいくつも尾根を跨いで行きました。
        ですから、直線距離でわずか7〜8キロの行程なのに、山に入ってから現場に着くまで6〜7時間くらいかかりました
        着いたのは、午前4時前後だったはずです。

        司会:午前4時という時刻はどうやって確認したのですか?

        M氏:当時は、時計を身に付ける習慣はなかったのですか、着いた時に山の尾根付近が白み始めていたので、おそらくそれぐらいの時間だと思いました。
        (注釈:夏の山頂付近は明るくなるのが早い)

        司会:そこで何を見ましたか?

        M氏:既に自衛隊員が70〜80人、いや100人位は来ていました。それを見て、自分たちは一番乗りできなかったと思いましたね。
        同時に、事故犠牲者の呻き声が谷にこだまし、響き渡っているのがはっきりと聴こえました

        司会:ええっ?その時に生きて声を出している人が居たのですか!!どれくらいの人が生きていたのでしょう?

        M氏:全部を数えた訳ではありませんが、声の響き方からすると少なくても4〜50人は居たと思います。実際に、苦しそうに声をあげている人を私も間近で何人か見ています

        自衛隊の人たちがいる以上、自分たちができることは、負傷者のいる場所を教え、早く救助してもらうことだと思い、呻き声のするあたりを探しては、その場所を隊員さんに伝え、早い手当を頼んでいました。
        ただ、隊員さんの対応には不信感を覚えましたね。「へたに動かすと危険なので、後から来る部隊が手当することになっている」と言うだけで、何もしようとしない
        手にした4〜50cm 位の丸いバッグに、地面から拾った物を黙々と入れ続けている

        司会:自衛隊員は何を拾っていたのでしょう?

        M氏:まだ暗くてよく見えなかったので、それが何かまではわかりませんでした。ボイスレコーダーとか、何か貴重な物なんだろうと思っていました。
        私が覚えている隊員さんの装備は、バッグの他に、片手に抜き身の大型アーミーナイフ、目には暗視ゴーグル、また、靴はつま先の短い短靴を履いており、傾斜のきついこの山のことをよく調べて入っているなと思いました。

        ちょっとひどいなと思ったのは、斜面を登り、尾根の反対側に出たら、向こうの谷ではヘリコプターがホバリングしているじゃないですか、ヘリが来ているならさっさと救助しろよと思いましたね。
        しかも、ヘリの下では、さっき隊員さんたちが何かを入れていたバックを10数個まとめ、ネットに入れて吊り上げていました。何度も吊り上げていたので、全部で70個くらいのバッグが回収されたと思います。

        司会:現場にはどれくらい滞在したのですか?

        M氏:到着してから1時間後くらいに、自衛隊の次の部隊が続々と到着してきました。
        また、暗視スコープを装着していた最初の部隊も引き上げる体制に移っていたので、もうこれで大丈夫と思い、この時に下山を始めました。
        なお、次の部隊は、山で歩きにくいブーツ姿だったので、これでちゃんと歩けるのかな? と思いました。


        セミナー参加者からの質問

        Q1:40〜50人居たという、呻き声の人たちはどうなってしまったのでしょう?

        M氏:それはボクもずっと不思議に思っていたのですが、下山を開始する朝の5時過ぎ頃には、谷の呻き声がピタリと止んでいました

        Q2:この事故の生存者は4人の女性でしたが、その他にも助かりそうな人はいませんでしたか?

        M氏:ボクが見た負傷者の中に、指先が1本ちぎれただけの男の人がいました。「この程度なら死ぬことはないな」と思い、救助活動(隊員への声かけ)を後回しにしたのをはっきりと覚えています。あの人がどうなったのか、ボクにも分かりません。

        Q3:事故調査委員会が、当夜、墜落場所発見が困難だったと報告しています。しかし、Mさんは夜を徹して現場に到達している。この報告をどう思いますか。

        M氏:日頃から遭難者の多い現地周辺にはCB無線による救助網が敷かれています。
        無線機を持った人員を担当箇所に登らせて無線を交わせば、夜間に炎上しているような目立つものなら訳なく見つけ出せるはずどうしてこんなに時間がかかったのか分かりません
        (注釈:というか、本当はとっくに見つけ出していますが・・)

        Q4:大型アーミーナイフは何に使われていたのでしょう?

        M氏:それは見ていないので分かりません。

        Q5:現場で身の危険を感じたり、二人を排除するような動きはありませんでしたか?

        M氏:そういうことは特に感じませんでした。

        Q6:機体が激しく衝突し炎上した墜落現場に木立が残っているのは不自然だとよく指摘されるのですが、実際に見てどうでしたか?

        M氏:言われてみたら、確かに変ですよね。
        林立している木の間に機体の破片や、遺体(の一部が)飛散していましたから。それに、あの辺りは針葉樹が多い山ですから、機体から火が出たらあっという間に周囲に燃え広がるはず。
        それにしちゃ、あまり燃えてなかったなぁ、変だなぁ。

        Q7:事故調査委員会が、生存者4人の発見を奇跡的だと報告しています。しかし、Mさんは生きてきる何十人もの声を聞いている。この報告について改めて感想を聞かせてください。

        M氏:報告は嘘だと思います。明らかにもっと多くの方の命を救うことができたはずです。

        Q8:その他、現場で見て、何か変だと思ったことを教えてください。

        M氏:山で遭難して遺体になると、狐や狸など、山の動物にひどく食い荒らされるのですが、現場で見た遺体には、奴らが手をつけた痕跡がまるでない、それは山を知る者としてはたいへん不思議な事です。

        司会:ありがとうございました。





        ここまで読むと、背筋が凍る思いがしました。

        もし、これが本当ならば、いや、「もし」という言葉を使うことさえ全く意味が無いように思いました。アメリカは、現実に、日本の民間機に対して武力攻撃をして、アメリカは日本政府を思い通りに操っていると言うことでしょうか。

        これに対して日本が反撃したら戦争になってしまうので、やっては行けません。アメリカのシオニスト系銀行家達は、正気の人間ではありませんので、そういう人達を相手にしてはいけません。

        この事について私がある知り合いに話をしましたら、その人の知り合いで長野県にいる人がいて、その人達は夜中山の一部が燃えているのが良く見えて、誰にでもそこが飛行機が墜落した現場だということが一目瞭然だったらしいです。そして、それを警察や自衛隊に連絡したそうですが、全く何も請け合ってもらえず、何もしていない様子だったという、非常に奇妙な対応の悪さを話していたと聞きました。

        この飛行機の墜落事件が明らかに何か異常であるということが、当時の長野県付近の人達には既にわかっていたということですね。

        その後、東日本大地震がおき、津波で福島が破壊され、日本の経済にも大打撃を与えました。
        これは全て、彼らが計画していた事なのではないか・・・とふと、私は考えてしまいます。

        それがゆえの日本の憲法改正があるのだろうか?つまり、第三次世界大戦を彼らは起こしたいのだろう。

        この獣のようなアメリカ政府とシオニスト系銀行家達に対して、私達はどう対応するべきか?


        オバマ大統領に宛てた公開書簡。弥勒菩薩ラエルは全戦争の即廃止を主張 / 宇宙と1つになるとき〜 When Becoming One with the Universe 弥勒菩薩ラエルの言葉を振返り

        オバマ大統領への公開手紙。弥勒菩薩ラエルは世界から軍隊をなくすように言... / 無限への目覚め〜 Becoming Awaken to Infinity 弥勒菩薩ラエルの言葉を振り返り

        そして、世界中の国々が話し合い、アメリカとどのように付き合っていくのか考えるべきでしょう。


        人類の科学的創造者・宇宙人エロヒムは、最後の預言者ラエルに対して、世界中の人達にエロヒムが私達の創造者である事を伝えよと言われた。
        そして、エロヒムを迎え地球が黄金文明に入るために、全ての戦争をなくしてくださいと頼まれたのである。

        戦争がない社会、それは、シオニスト系銀行家達とイスラエルの武力による世界侵略を完全になくした時だと思う。


        その時ができるだけ早く来るようにするのだ。





        << | 2/2PAGES |

        PR

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>

        【私のプログ】

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • パレスチナがスウェーデンにより国家承認された。弥勒菩薩ラエルは楽園主義を提唱
          名無し (10/21)

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM