スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.08.15 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    英下院が「パレスチナ国家」承認議決。弥勒菩薩ラエルは楽園主義を提唱、宇宙人エロヒムの再来のために

    0
      JUGEMテーマ:世界平和

      http://www.sankei.com/world/news/141103/wor1411030015-n1.html


      英下院が「パレスチナ国家」承認議決 米紙「入植停止迫る新たな試み」

       英政府に「パレスチナ」を国家として承認することを促す英下院の動議が、賛成多数で可決された。法的拘束力はなく、賛成を上回る棄権票が出た議決をキャメロン政権は無視する方針だ。しかし、スウェーデンも欧州連合(EU)主要国で初めて、パレスチナを国家として承認しており、成果の出ない中東和平交渉にいらだつ他の欧州諸国に連鎖的に飛び火しかねないとの観測も呼んでいる。


      パレスチナ国家を承認するとなると、イスラエルがパレスチナから略奪した土地を全て返さなくてはいけないのではないでしょうか。

      また、イスラエル政府というのは、結局一部のシオニストたちにより強引に作られた国家ですが、実際には、その国々の市民たちの中にはパレスチナ人と仲良くしたい人たちもいて、彼らはイスラエル政府の政策に反対しデモを起こしたりしています。

      パレスチナ人を虐待してきた人たちだけが、何らかのペナルティーをうけ、それ以外のパレスチナ人達と仲良くしたい人たちは今の場所に住めるようにしてあげられないでしょうか?

      しかし、パレスチナ人達にとっては、自分達の土地をイスラエル政府から略奪されたわけですから、その土地を全て元通りに返却してほしいと思うだろうし、当然、それはなされるべきだと思います。

      となると、イスラエル政府の中にいるユダヤ人たちはまた流浪の民と成るのでしょうか?

      唯一の解決策は、イスラエル人とアラビア人は共にユダヤ人の遺伝子を持っているということが遺伝子の研究でわかっているので、両者供仲良くイスラエル国とパレスチナ国という中で助けあいながら平和に暮らすのが一番良いと思います。

      イスラエル政府がパレスチナの土地略奪をやめ、戦争をやめ、パレスチナ人と仲良くなれば、世の中に本当の平和が来ると思います。

      それを願っています。


      ★ ★ ★




      英下院が「パレスチナ国家」承認議決。弥勒菩薩ラエルは楽園主義を提唱

      イスラエルの著名作家800人、パレスチナの国家承認要請。弥勒菩薩ラエルは楽園主義を提唱

      ヨーロッパにパレスチナ国家承認の動き。弥勒菩薩ラエルは楽園主義を提唱





      << | 2/2PAGES |

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      【私のプログ】

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • パレスチナがスウェーデンにより国家承認された。弥勒菩薩ラエルは楽園主義を提唱
        名無し (10/21)

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM